科学と技術

ロシア製トラックには操作可能な「テトリス」が組み込まれている


ロシア製トラックのコンピュータにはロシア生まれのテトリスが組み込まれていて実際に遊ぶことができる。そんなまさかなことが実際に発見され話題となっています。

テトリスの隠しコマンドが発見されたのはロシアの自動車メーカGAZが製造・販売するトラックシリーズ「GAZelle NEXT」。
Модельный ряд автомобилей Газель Next

メータ類が設置されている計器盤(インパネ)の液晶部分に注目です。

Тетрис на Газель Некст секретная функция от разработчиков ) – YouTube

1. トラックなだけに非常にシンプルな計器盤(インパネ)

2. エンジンをスタートさせ特定の操作を行うと、じわっとテトリスが現れます。

3. 次のブロック(テトリミノ)や点数も表示されています

映像を見る限り操作シーケンスは以下の模様

1. エンジンスタート
2. 右ウインカーを3回点灯
3. ハイビームを2回点灯
4. クラッチを5回踏む
5. 回転数を3000r/minに固定して左側のつまみを左に回す

ハイブリット車のメンテナンス(整備)モードへの移行よりも複雑かも。なかなか試す機会は無いと思いますが、ロシアまたはロシア周辺の国へ行った際には一度試してみたいですね。

4. また遊び方は非常に簡単。右側のつまみでブロックを回転させます。左側のつまみは落下用。

ファミコンが登場したのが1983年、ちょうどその頃にロシアで生まれ世界中で爆発的なヒットとなったテトリス。もし日本車に何らからのゲームが組み込まれているとしたら……なかなか難しい選択です。

またテトリスが生まれた80年代の車のコックピットはこんな感じでした。この当時の未来感溢れるダッシュボードだとテトリスが組み込まれていてもあまり違和感がありませんね。
80年代のすごくデジタルでかっこいい自動車のコックピットの写真いろいろ

関連記事

独特の雰囲気がたまらない、旧ソ連製自動車のビンテージポスターいろいろ - DNA

「東側×レトロ」な組み合わせがたまらない、1960〜70年代のソ連製自動車いろいろ - DNA

「7つのテトリスブロックでは長方形を作れない」という事実の簡単な証明 - DNA

超高級車・スーパーカーから大衆車まで古今東西の素敵な車のインテリア写真いろいろ - DNA

アール・デコ全盛時代に一世を風靡したレトロフューチャーな流線型の自動車12選 - DNA

クラシックカーに取り付けられているエンブレムやロゴなどの高級感あふれるオーナメントいろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧