世界のびっくりニュース

ケン・ブロックが1400馬力の65年製マスタングでパイクスピークを爆走するヒルクライム&ジムカーナ「Climbkhana」


アメリカでインディ500の次に歴史のあるモータースポーツ「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」のヒルクライムコースを、ケン・ブロックが愛車の65年製マスタング(1400馬力)で爆速&ドリフトで駆け上っていく映像「Climbkhana」です。ジムカーナとヒルクライムが融合するとこうなってしまうようです。

パイクスピークは、米・コロラド州にある標高4301mの山。レースは2862m地点からスタートし頂上の4301mまで一気に1439mを駆け上がる20km、156コーナーのコースが使用されます。

TOYO TIRES | Ken Block’s Climbkhana: Pikes Peak Featuring the Hoonicorn V2 – YouTube

1. 白煙を巻き上げ坂道を登ってくる」見るからに凶暴なヤツ

2. ヒルクライムコースに何故かこんなものが……

3. 漫画で見た豆腐屋さんっぽい走り

4. もう真横を向いちゃっています

5. 一歩間違うと奈落の底

6.

7. やり過ぎなくらいギリギリを攻めています

8. もうこれは障害物競争……

9.

10. ゴール!!!

もうこなるとマン島でもケン・ブロックの爆走も見てみたいですね。

ちなみにパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムのコースレコードは、フランスのラリードライバー セバスチャン・ローブ が2013年に記録した8分13.878秒。 車両はプジョー「208 T16 Pikes Peak」、平均速度は約145km/hでした。

その時のレース模様はこちら。どちらもモンスターマシンでパイクスピークを駆け上っていますが全く別物です。
Sébastien Loeb’s Record Setting Pikes Peak Run – Full POV – YouTube

もしこの凶暴なマスタングに乗ったケン・ブロックが市街地で暴れると……もうやりたい放題です。
凶暴極まりない1965年製「フォード・マスタング」がLA市街地を爆走しまくるケン・ブロックの超ジムカーナ映像

関連記事

スバル・WRX STI、マン島TT四輪車最速記録を更新したフルラップ・オンボード映像 - DNA

ケン・ブロックが愛車マスタングでロンドン観光するとこうなる - DNA

オフロード車がほぼ垂直の坂を駆け上がっていくレース「Formula Offroad」 - DNA

スバル・WRX STIがボブスレーコースを全力で駆け下りる究極のダウンヒル映像 - DNA

1960~70年代のアメリカを象徴する強烈なパワーを秘めた「マッスルカー」の写真いろいろ - DNA

約1kmもドリフトしっぱなし、700馬力のマスタングRTRがF1コースを爆走するフォード公式映像「Forever Drift」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧