世界のびっくりニュース

待ちに待って現れた幻の蒸気機関車「フライング・スコッツマン」が目の前で消えてしまう


1923年生まれの蒸気機関車「フライング・スコッツマン(Flying Scotsman)」をひと目見ようと、1時間前から待機して楽しみに待っていたのですが……コレはつらい。

動画はこちらから。
Flying Scotsman – YouTube

フライング・スコッツマンは、1923年にLNER鉄道によって製造され1963年に引退した蒸気機関車。正式名称は「LNER A3形蒸気機関車4472号機」。

1963年の引退後は転々とオーナーが代わり一時はアメリカ・テキサス州で走っていたりしていたものの、2004年に国(イギリス)によって募金で買い取られ国立鉄道博物館の所有となっています。そして現在でも臨時列車として現役で運行しています。

フライング・スコッツマン(Flying Scotsman)が実際に走っている姿。100年近くまでに製造された蒸気機関車、さすがの迫力です。
Flying Scotsman pushes the 75mph limit | The Yorkshireman – 1st July 2017 – YouTube

ちなみにこちらは80年前のドイツで作られた巨大なプロペラで動く「シーネンツェッペリン」。これが走っている姿も見てみたいですね。
80年前の「新幹線」、プロペラ推進式の超高速鉄道「シーネンツェッペリン」

関連記事

スチームパンク的なSF感たっぷり、蒸気機関搭載の超絶カスタムバイク「ブラックパール号」 - DNA

現在も破壊されたままの状態で残る、100年前に中東の砂漠に建設された「ヒジャーズ鉄道」 - DNA

「クラシックカー天国」なキューバの公共交通機関や自家用車の写真 - DNA

すべてをはね飛ばすパワフルなロシアの雪かき列車の動画 - DNA

鉄道員は危険な職業だった……ということがよく分かる蒸気機関車の脱線事故の動画 - DNA

うっかり重量130トンのディーゼル電気機関車を落とすとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧