世界のびっくりニュース

図法の特性がまるわかり 様々な種類の世界地図を人の顔で再現するとこうなる


文字よりも古くから人類が使っていたとされる地図。ほぼ球状をした地球を平面で表現するため目的によって様々な図法が存在しています。そのたくさんある図法にどんな違いがあるのかを人間の顔で再現したのがこちらです。

PROJECTION FACEは、エイトフ図法、アルベルス正積円錐図法……など63もの図法を使って人の顔を再現したもの。地図をグリグリと回転させたりとインタラクティブに楽しむことができます。

PROJECTION FACE

どの図法もどこかが歪んでいりたりと……思いっきり一長一短があるということがよくわかります。

またこちらの世界地図「The True Size Of …」は、国を切り取っていろんな場所に動かすことが出来ちゃう地図。実際に大きさを比較できるます。日本の長さって思っていたよりも立派……でした。
実際に動かして国の大きさを比較出来る世界地図「The True Size Of …」

関連記事

100年前の地球は果てしなく広かったことがよく分かる1914年製の世界地図 - DNA

ヨーロッパやアメリカから見た他の国のイメージを描き表したおもしろ地図いろいろ - DNA

世界の色々な統計データをビジュアル化して、詳しく知ることができる世界地図40枚 - DNA

ネットで現在進行中のサイバー攻撃をリアルタイムに可視化する世界地図 - DNA

世界各地に存在する3400以上の「消滅危機言語」をまとめた世界地図 - DNA

EU諸国で英語はどれくらい通じるのか、英語を話せる人の割合をまとめたヨーロッパ地図 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧