世界のびっくりニュース

あらゆる銃で連射できるようになる脱法フルオート手袋「AutoGlove」の動画


銃社会アメリカといえども、フルオートで連射可能な「機関銃」を一般市民が入手するには複雑な手続きと高額な費用が必要になります。そんなわけで規制にかからないように擬似的に連射を可能にする「脱法フルオート」グッズはかなりアツい市場なのですが、そんなホットマーケットにまた一つ、イイワケできなさそうなデバイスが登場です。

「AutoGlove」は退役軍人で、現在はヴァンダービルト大学で法学を学ぶプラット氏が発明した「trigger assist device (TAD……トリガー操作支援デバイス)」の名称。

名前こそ「Glove(手袋)」ですが、本体はむしろ指先についている小型のスプレー缶のようなメカ部分。手袋は特に素材を選ばないようです。

このメカ部分にモーターで駆動するレバーがついており、射手がスイッチを押すことでトリガーを自動的に押し続ける動きをするという仕組み。

射手がレバーをトリガーに押し付けないと発射できず、メカはあくまでトリガーを引く動きを増強しているだけなので「フルオートメカ」ではないし、そもそも銃本体はまったく改造したり部品をくっつけたりする必要がないので合法、というロジックらしい。

トリガーガードの中にメカが入ればどのような銃でも用いることが可能です。仕組みが仕組みなのでトリガーの重さは3ポンド以下が望ましいそうです。

動画はこちらから。
Auto Glove HD – YouTube

ちなみに製造にあたっては、全米最大のペイントボールガンメーカーであるTippmann社の支援を受けているので、いざという時は「ペイントボールガン用デバイスです」と逃げ切ることも可能。マニアのフルオートガンへの情熱にはいつもながら驚かされるばかりです。

おもしろメカではこんなのも。「トリガーを引いて戻す動きが人力ならOK」なので、クランクを人力で回転させて前後させる「クランクトリガー」で連射を実現しているのがこちら。当然モーターなどを使うとアウトですが、人力であれば重機関銃クラスの弾でも合法です。
AR-15をクランクトリガー式にして合法的に連射できるアイテム「GatCrank 15」 – DNA

関連記事

アメリカ政府機関、法律の「抜け穴」によって28年ぶりに「フルオート」銃の生産を認可しかけるパニックが発生 - DNA

単発銃をフルオートで撃てるテクニック「バンプファイア」が理解できる秒間2000コマのハイスピード撮影動画 - DNA

「脱法フルオート」パーツ対決、Slide Fire社がBump Fire社を特許侵害で訴える - DNA

引いても離しても弾が出るので発射速度を倍にできるる不思議なトリガー「Binary Trigger System」 - DNA

セミオートの自動小銃を合法的に据え置き機関銃にできるガンスタンド「Bump Sled」 - DNA

AR-15をクランクトリガー式にして合法的に連射できるアイテム「GatCrank 15」 - DNA

AR-15自動小銃を二段重ねにしたダブルライフルでフルオートを楽しむ動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧