世界のびっくりニュース

騎士のアーマー、消防士の耐火装備、現代の歩兵装備のどれが一番走りにくいか障害物競走してみた


重たい装備をつけて走り回るのは大変。それでは騎士の鎧、消防士の装備、歩兵の装備のどれが一番走りにくいのでしょうか?この3つを着用した人達が実際に障害物競走で頑張ってみたところ、なかなか面白い結果となりました。

消防士装備28.5kg、プレートアーマー29kg、野戦装備31.2kg。中世から+2kg程度で現代の戦争に対応できるようになってしまうというのはちょっと驚きでもあります。

こちらは体重に対する装備重量の割合。重そうなプレートアーマーもこうしてみると軽く見えるのが不思議ですね。

動画はこちらから。装備の重さや体重に対する割合にそこまで大きな差がない以上、動きやすさとベースの体力がものをいったようです。計測された心拍数などのデータにも注目です。
Obstacle Run in Armour – a short film by Daniel Jaquet – YouTube

たくさんの荷物を持ち歩く兵士達のために、装備自体の軽量化や荷物運び用ロボット犬「BIGDOG」など色々なものが開発されてきましたが、中にはこんなものも。意外と障害物にも強いそうなので、一度試してみてほしいですね。
荷物の重さを85%も軽減するイスラエル生まれの画期的な荷物運搬システム「サムソン・システム」 – DNA

関連記事

無限に弾を撃てるゲームキャラは、どんな荷物を背負っているのか分かる動画 - DNA

荷物の重さを85%も軽減するイスラエル生まれの画期的な荷物運搬システム「サムソン・システム」 - DNA

可能な限り大きな荷物を頭の上に乗せた人々を撮影した写真集「How Much Can You Carry」 - DNA

瞬間的に防弾ベストに変身するバックパック「RAD Pack」 - DNA

メイド・イン・アメリカの高級バックパックメーカーGORUCK社が銃火器用ソフトケースの受注開始 - DNA

バックパックの中にMOLLEポーチをずらっと並べられるアイディアものガジェット「Molleganizers」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧