アートとデザイン

アニメーターがウォーキングマシンで100通りの歩き方を実演してみる動画


アニメーターはあらゆる動きをアニメに落とすプロフェッショナル。観察し、分解してアニメっぽくアレンジするために実際にやってみることも多いそうですが、こちらのアニメーター、Kevin Parryさんも100種類の歩き方を演じ分けています。

動画はこちらから。

どんなアニメーターも自分でやってみることが多いそうで、ディズニーのアニメーター達も昔から自分で表情を作って写し取っていたりもするそうです。
ディズニーのアニメーター達はどのようにして表情豊かなキャラクターを描いていたのか – DNA

関連記事

[字幕動画]日本が誇る世界的アニメーター今敏(こんさとし)の演出手法を徹底解説する動画「Satoshi Kon – Editing Space & Time」 - DNA

ディズニーのアニメーター達はどのようにして表情豊かなキャラクターを描いていたのか - DNA

「エヴァンゲリオン」制作スタッフの募集課題を「中の人」がやってみた結果がすごい - DNA

ディズニー「ふしぎの国のアリス」の魅力的なアリスはどのようにして描かれていたのか - DNA

何もかもがアメリカン過ぎるファーストフード店の90年代のアニメーション広告 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧