ネット・PC

40万枚のSIMと大量のスマホで「いいね!」牧場を運営していた中国人3人が逮捕


先日、安価にインスタグラムの「いいね!」が買える自動販売機がロシアで運用されている件についてお伝えしましたが、そうしたビジネスの裏にいると思われる、通称「いいね!牧場(Fav Farm)」がタイで発見、摘発されました。

先日タイで摘発されたのは中国人の3人組。アジトからは計40万枚以上のSIM、約500台のスマートフォン、そしてPC類が押収されました。中国人らは「中国の企業」からこれらを支給され、中国大手IT企業テンセントが運用するマイクロブログサービス「微信(WeChat)」などで大量の「いいね!」やページビューを生成、ウソの高評価を作っていたものと見られています。

いいね!牧場の一部。この前に従業員が達、指示された記事を次々とタップしたり、アプリをどんどんダウンロードして数を水増しするという仕組み。タイは通信費が諸外国より安く、近年こうした牧場ビジネスのメッカになっているとのこと。

大量のSIM。

男達は違法な就労と、電子デバイス類の密輸の容疑で逮捕。警察はどこからこれほど大量のSIMを入手できたのかを調査しているということです。

動画はこちらから。
จับแก๊งคนจีนรับจ้างกดเพิ่มยอดไลค์ – ยอดวิวสินค้า – YouTube

ソース:Fake Likes probe turns to local operators | Bangkok Post: news

関連記事

ひたすら「いいね!」ボタンを連打し続けてくれる指型ロボット「Lonely Sculpture」 - DNA

ロシアでインスタグラムの「いいね」を買える自動販売機が登場 - DNA

疎外感溢れる自撮り写真を投稿し続ける女性のInstagramが熱い - DNA

有名サッカー選手がinstagramに画像を投稿するとスマホの通知が大変なことになる - DNA

Facebook「いいね!」の次は共感を表す「わかるー」ボタンを作るかも - DNA

Facebookの「○○さんの2014年」アプリの「無配慮」について担当者が謝罪 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧