ネット・PC

「来れない人がかわいそうなので……」スイスの村が人工衛星を含むあらゆる写真撮影を禁止


休日になるとSNSは、遊びに行った人達の楽しげな写真であふれます。しかしそれを見た休めない人たちはきっと惨めな気持ちになるだろう……そんな心配から、スイスのとある村では「旅行者による写真撮影とアップロード禁止」という異例の条例が可決されました。

今回条例が可決されたのはスイスのベルギュン=ブラヴオクンの村。山間にある風光明媚な観光地として知られています。

住民投票によって条例が可決したことを知らせる観光協会Facebookページの投稿。

条例は、観光客にあらゆる写真撮影を禁じるというもの。違反者には「象徴的なもの」として5スイスフラン(約570円)の罰金が課せられ、違反を発見した者に賞金として与えられるとのこと。

市長いわく「ベルギュン=ブラヴオクンは美しい所です。私たちは外部の人がSNSの美しい写真を見て心を痛めてほしくないのです。そしてぜひ自分の目でこの眺めを体験してほしい」とのことですがSNSでは「独裁国家か」と非難轟々。

さらに先日は「NASAの皆さんへ」と題し、自分たちの村の衛星写真にボカシかモザイクを入れることを要求する動画を公開。

写真をどんどん掲載してもらって認知を高めるマーケティングであふれるなか、あえて逆張りを行ってきたベルギュン=ブラヴオクンの条例は各種メディアで取り上げられ大成功中。今後も撮影禁止の場所が増えてくるかもしれません。

ソース:Swiss mountain village bans tourists from taking photos – The Local

関連記事

大富豪の子ども達がSNSにアップする写真が「隠し財産」を狙う税務署の標的になっている - DNA

SNSでよく見る「キラキラ写真」を撮影するには膨大な労力が必要だということがよく分かる動画 - DNA

ロシアでインスタグラムの「いいね」を買える自動販売機が登場 - DNA

女性の4人に1人が「女友達のブサイクな写真を自分のソーシャルサイトに投稿したことがある」と回答 - DNA

ロシアには「セルフィースティック(自撮り棒)」を使った格闘テクニックがある - DNA

「自分撮りをしてはいけない瞬間」のお手本のような画像が話題に - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧