エンタメ

第1作のキャストと脚本で復活「スターシップ・トゥルーパーズ:裏切りの火星」予告編


地球人類と昆虫型宇宙人の壮絶な戦争を描く1997年の映画「スターシップ・トゥルーパーズ」が、第1作のキャストと脚本、そして最新のCG技術で復活、20年ぶりの続編が登場します。

「スターシップ・トゥルーパーズ」はハインラインの原作「宇宙の戦士」をポール・バーホーベン監督が大幅にアレンジして作られたSF戦争映画。これまでに4作が作られていますが、とかく評判が高いのが「第1作」となっており、今作もこの第1作の直接の続編として作られます。

あらすじはこんな感じ:

勇猛な兵士でありながら降格され、火星の辺鄙なステーションに左遷されたリコ。敵本拠地を襲うべく連邦艦隊が出撃し、手薄になった火星が奇襲を受ける。火星の運命はリコと新入り達に託された……

主人公、リコをキャスパー・ヴァン・ディーンが、そしてヒロインのディジー役をディナ・メイヤーが、ともにCGで演じます。脚本も第1作や「ロボコップ」のエドワード・ノイマイヤーということで、まず復活第1段ということで期待できそうですね。

動画はこちらから。
Starship Troopers: Traitor of Mars – In Theaters ONE NIGHT ONLY 8/21 – YouTube

「スター・ウォーズ」「ブレードランナー」など、最近はリブートもの、復古ものの映画が目立ちます。第1作の人気を超えられるかどうかに注目ですね。

関連記事

上陸した米海軍の水兵軍団がオーストラリアの売春宿を臨時休業に追い込んだことがある - DNA

「ロボコップ」シリーズ登場の欠陥ロボ、ED-209型がeBayで販売中、お値段230万円 - DNA

今話題沸騰中のロボット警察官映画をモチーフにしたマグカップ「Robocup」が発売 - DNA

公式リバイバルがあんまり好きじゃなかった人たちによる「俺達のロボコップ・リメイク」がすごい - DNA

80年代の名作コメディ・ホラー映画「グレムリン」約30年ぶりの続編制作がゴーサイン - DNA

映画監督のジェームズ・キャメロンだけど何か質問ある? - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧