アートとデザイン

6年間追い続けた集大成、強烈にフォトジェニックなスーパーセルの4Kタイムラプス映像集「フラクタル(FRACTAL)」


「フラクタル(FRACTAL)」は、米・カンザス州在住の写真家 Chad Cowan 氏の作品。過去6年間に渡って超巨大なスーパーセル・サンダーストームを追いかけアメリカ中を駆け回り、延べ約10万マイルにも及ぶ距離を旅し数万回シャッターを切って撮影した映像作品です。あまりにも圧倒的な自然現状にヒリヒリとした恐怖感すら覚えてしまいます。

動画はこちらから。4K画質・フルスクリーンでの鑑賞をおすすめします。
FRACTAL – 4k StormLapse on Vimeo

スーパーセルを撮影し始めた当初、自分の楽しみのためだけではなく嵐のライフサイクルの解明や深い知識を得ることを目的としていた Cowan 氏。しかし長年追いかけていると美しく迫力のある嵐を高解像度で撮影することへ目的が変化してきたそう。確かにこの圧倒的な存在感は不思議な魅力がありますね。近くに行くのはとんでもなく怖そうですが……

また Cowan 氏の公式サイト「StormLapse」ではたくさんの写真も公開されています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

ちなみに雲は条件が揃うと信じられないビジュアルになることがあります。何とも不思議な現象です。
天空の神秘、驚きの形状をした雲の写真15種類

関連記事

NASAが映画「ゼロ・グラビティ」をなぞって宇宙で撮影した写真を集めたシリーズ「Gravity」を大公開 - DNA

ジェット旅客機の機長がコックピットから撮影した空の上の特別な景色 - DNA

強烈に旅に出かけたくなる、ナショナルジオグラフィック主催「トラベラーズ・フォトコンテスト 2013」の入賞作品11枚 - DNA

空を覆い尽くす超巨大スーパーセルが圧倒的な姿で蠢く様子を撮影したタイムラプス映像「Art of the Storm」 - DNA

圧倒的エネルギーを感じさせる嵐雲「スーパーセル」を捉えたタイムラプス映像いろいろ - DNA

まさに奇跡の瞬間、逆転層により雲の海が現れたグランドキャニオンのタイムラプス映像「Kaibab Elegy」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧