ゲーム

やたらリアルなSWATになり切れるタクティカルFPS「READY OR NOT」


あまりリアルなゲームは予備知識が必要になって、誰でも楽しく遊べる……というわけにはいきません。リアルさとゲームはゲーム、という割り切った部分のバランスがとても重要なのですが、今回公開されたタクティカルFPS「READY OR NOT」はかなりギリギリまでリアルなものになるようです。

タクティカルFPS「READY OR NOT」は、アメリカで重大事件が起こった時に投入される重武装の突入部隊「SWAT」になって犯人を確保するゲーム。このジャンルではその名の通り「SWAT」シリーズや「Rainbow Six」シリーズといった金字塔が存在しますが、この辺を超えることを狙って開発されているそうです。

そういうわけでストーリーや物を破壊する爽快さを楽しむというよりは、じっくりと戦略を練り、チームワークを駆使して犯人を確保する渋さがウリになります。

一人でも遊べますがマルチプレイを重視しているようで、最大8人が参加してCo-Opが可能。ボイスチャットでのコミュニケーションはもちろんのこと、弾倉やフラッシュバンを取り出すポーチの位置や手の動きをリアルに再現することで、言葉をかわさなくてもチームメイトの意図を読み取ることができるようにしているということです。

確かに登場する人間のヌルヌルっとした動きはちょっと違った狙いがあるのかな、と思わせる滑らかさ。動画で確かめてみるのはいかがでしょうか。
READY OR NOT – Official Reveal Trailer (New Tactical FPS Swat Game) 2018 – YouTube

SWATはゲームのテーマとしてはもちろん、気に入らない対戦相手の家に送り込まれるチームとしても有名。フェイクの通報でSWATを出動させるイタズラは「スワッティング」として問題にもなっています。クリーンなプレーを心がけたいものですね。

ゲーム相手のイタズラによって完全武装のSWATを送り込まれる瞬間が実況される – DNA

ソース:Home – Ready Or Not

関連記事

Wi-Fiルーターを開放していたらSWATチームにフラッシュバンを投入される事件が発生 - DNA

マナーの悪い人をアクセス禁止にしたら家にSWATチームを送り込まれる事件が発生 - DNA

「Call Of Duty」で負けた腹いせにSWATを送り込んできた事件が発生 - DNA

SWAT部隊の強行突入を計画・指揮するシミュレーター「Door Kickers」 - DNA

他人の家に30回以上SWATを送り込んでいたカナダのクソガキが逮捕 - DNA

[字幕動画]80年代に撮影されたFBIのHRT(人質救出チーム)を30分間みっちり紹介する内部向け動画 - DNA

CQBの華、突入と掃討だけを思う存分に楽しめるストラテジーゲーム「Breach & Clear」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧