世界のびっくりニュース

ロボットが1日に20万個以上の荷物を仕分ける中国の運送会社の倉庫がすごい


中国といえば、あふれる人口をフル活用した人海戦術……のイメージですが、実は最近ものすごくロボットが導入されています。こちらはとある運送会社の倉庫ですが、小さなロボットが自動で荷物の行き先を判別、仕分けし充電までやってのけています。


動画はこちらから。
Robots sorting system helps Chinese company finish at least 200,000 packages a day in the warehouse – YouTube

こちらの会社ではロボット化をすすめることで人件費の70%をカットすることができたとのこと。動画を見ていると荷物を載せているつもりのロボットが穴に落とすところが写っていたりと結構不安な感じですが、そこらへんの補償は人件費分でカバーできるのでしょうか。

もう1つ心配なのが、時々発生する超運送需要。こちらは毎年11月11日の名物「双十一」の大通販セールで圧倒的な量の小包が集まる様子。ロボットがどのような動きを見せるのか、ちょっと見てみたいですよね。

「双十一」大セールで発生した圧倒的大量の小包を仕分ける中国の物流センターの画像 – DNA

関連記事

Amazonの超カオティックな倉庫を支配するメソッド「Chaotic Storage」とそれによってコントロールされるマッシヴな倉庫の内部画像いろいろ - DNA

質・量ともに圧巻、ハリウッドの巨大な小道具倉庫内部写真50枚 - DNA

キング・オブ・倉庫になれる「フォークリフト・シミュレーター」が登場 - DNA

Amazonが賞金2万5千ドルの「ピッキング用ロボットコンテスト」を開催 - DNA

ものすごい躍動感、肉体の限界に挑む究極のビールケースの仕分け方 - DNA

空港で預ける手荷物には壊れものを絶対に入れるべきではない、ということがよくわかる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧