アートとデザイン

100年前の悪名高き女性犯罪者たちを記録したマグショットのカラー復元写真


1910年代〜20年代にオーストラリアの警察署や更生施設で撮影された女性犯罪者たちのマグショット(逮捕後に撮影された写真)をカラー復元したのがこちらの写真。マフィアの女ボスや男を手玉に取った詐欺師、強盗など約100年ほど昔に名を馳せた悪女たちが記録されています。

1. オズボーン夫人(Mrs Osbourne)
1919年頃撮影。場所や詳細は不明。

2. マチルダ・”ティリー”・ディバイン(Matilda Devine)
1925年5月27日撮影。売春をはじめ49もの容疑で逮捕された悪名高きシドニー裏社会のボス。

3. アリス・クック(Alice Cooke)
1922年にシドニー女性更生施設で撮影。24歳の時に16の偽名を使いこなし、少なくとも二人の夫を持っていた。罪状は重婚と窃盗。

4. バーバラ・ターナー(Barbara Turner)
1921年10月10日、シドニーの中央警察署にて撮影。20世紀初期で最も悪名高い詐欺師の一人。6つの偽名を駆使し地元の弁護士から巨額の金を騙し取った。

5. エレン・クリーガー(Ellen Kreigher)
1923年7月13日、シドニーの中央警察署にて撮影。殺人容疑で逮捕。

6. アリス・フィシャー(Alice Fisher)
1919年5月23日。ニューサウスウェールズ州立女性更生施設。

7. ミュリエル・ゴールドスミス(Muriel Goldsmith)
泥棒。1915年10月29日。ニューサウスウェールズ州ロングウェイの州立女性更生施設。

8. ベラ・クライトン(Vera Crichton)
1924年。ニューサウスウェールズ州ロングウェイの州立女性更生施設。

9. ダフネ・バーカー(Daphne Barker)
1923年4月26日、シドニーの中央警察署。詳細は不明。

10. バレリー・ロウ(Valerie Lowe)
1922年2月15日、シドニーの中央警察署。1921年に軍の倉庫に侵入し29ポンド3シリング分のブーツやコートを盗み逮捕。

これらの写真は Matt Loughrey(My Colorful Past) 氏がカラー復元した作品です。

ちなにこちらのマグショットは、歴史に残る大犯罪者たちが逮捕された時に撮影されたもの。マフィアのボスから殺し屋までがずらっと揃っています。
歴史に残るマフィアの大ボスや悪名高き殺し屋たちのマグショットいろいろ

ソース:vintage everyday: Incredible Colorized Images of Australia’s Most Notorious Female Criminals of the Early 20th Century

関連記事

第二次世界大戦中、売春ツアーのメッカだったカナダ・モントリオールの娼婦たちのマグショット - DNA

生徒に手を出してしまった女教師たち41人の写真とその罪状 - DNA

さすがプロ、警察の似顔絵捜査官が描いた似顔絵と捕まった犯人のマグショットの比較写真いろいろ - DNA

あれ本当に?かなり美人揃いのマグショット20枚 - DNA

逮捕時に服を着ていなかったためにトップレスのマグショットを撮られてしまった10人の女性 - DNA

自分の指名手配写真をFacebookのプロフ写真に使っていた男が無事逮捕 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧