アートとデザイン

手は口ほどに物を言う、世界中の様々な人々の手のひらを撮影した写真シリーズ「Hands that Tell Story」


「目は口ほどに物を言う」ということわざがありますが、手も目に負けず劣らず無言ながら雄弁に多くを語るもの。じっと見つめていると、その人の人となりや歩んできた人生までもを想像することが出来ます。

この写真シリーズ「Hands that Tell Story」は、レバノン出身の写真家 Omar Reda 氏の作品。

世界中のいろいろな国を旅し写真を取り続けている Reda 氏。都会や小さな集落まで旅先で出会った様々な職業の人たちの「手」を撮影したこのがこちらの作品。日常生活だけではなく人類の進化にも大きな影響を与えてきた人の体の中でも最も重要な部位の一つである「手」、無言ながらも多くのことが伝わってきます。

まずは、様々な職業の人たちの手がこちら。

1. メカニック

2. 兵士

3. 美容師

4. 鍛冶屋

5. 陶器職人

6. パン職人

7. 運転手

8. 庭師

9. 理容師

10. 大工

11. 配管工

12. 仕立て屋

次に、インドで修行僧たちの手です。
参照:異形の修行僧、精神世界に生きるヒンズー教の「サドゥー」たちのポートレート集「SADHU HUNDRED」

13. インドのホーリーマン

14. ホーリーマン

15. ホーリーマン

16. ホーリーマン

17. ホーリーマン

そして、アフリカの部族人たちの手。

18. 部族の老女

19. 部族の老女

20. 部族の老女

21. 部族の老女

22. 部族の老女

23. 部族の老人

24. 部族の女性

25. 部族の女性

26. 部族の女性

27. 部族の娘

28. 部族の娘

29. 部族の少年(3歳くらい)

30. 農家の娘

31. 農家の娘

32. 農家の娘

ちなみにインドやパキスタン等の国の女性たちの手にはへ「ヘンナ(ヘナ)」と呼ばれる植物を使ったボディ・ペンディング「メヘンディ(ヘンナタトゥー)」と呼ばれる素敵な装飾が施されていることがあります。複雑な模様が数週間かけて徐々に消えてゆく……まさにアートです。
インドやパキスタンの女性たちの手や足に施された非常に美しいボディー・ペインティング「メヘンディ(ヘンナタトゥー)」写真21枚

ソース:Hands that Tell Story on Behance

関連記事

女性の肩や腰をつかめない「ホバーハンド現象」に悩まされるシャイな男たちの写真いろいろ - DNA

彼女に手を引かれて世界中を旅する様子をカメラマン視点で撮影した写真プロジェクト「Follow Me」 - DNA

カメレオンの舌を真似て「ドラえもんの手」のようにどんな形状のモノでもつかむ事ができるロボットアームが開発 - DNA

ロシアの兵士は手を使わずに腕立て伏せが出来る - DNA

生徒に手を出してしまった女教師たち41人の写真とその罪状 - DNA

東洋女性の手や足を美しく神秘的に彩る「メヘンディ(ヘンナタトゥー)」25選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧