世界のびっくりニュース

ぜひとも現地で食してみたいバラエティ豊かな世界の朝食17選


ご飯派かパン派か……そんなに単純じゃ無いのが世界の朝食。とても品数も多くボリューム満点の朝食から、さくっと簡単に食べられる朝食まで国や文化によって大きく違う朝の食卓風景。どの食事も魅力的ですが忙しい朝の食事はやはり機能的なメニューが多い気がします。

1. パキスタン

「アルー・パラタ(ALOO PARATHA)」

パキスタンだけではなくインドでも人気の料理。マッシュポテト等を生地で包み薄く伸ばして焼き上げたもの。バター、チャツネ、スパイスソースと共に。

2. メキシコ

「チラキレス(CHILAQUILES)」

カリカリに揚げたトルティーヤをサルサ(ソース)で煮込んだメキシコ料理。メキシコでは二日酔いに効との評判あり。

3. 中国

「油条(YOU TIAO)」

中国式の細長い揚げパン。主に暖かい豆乳やお粥と共に食されている。またタイやベトナム等の東南アジアでも人気。

4. イタリア

「カプチーノとコルネット(CAPPUCCINO AND CORNETTO)」

カプチーノは、クリーム状に泡立てた牛乳を加えたエスプレッソ。そしてコルネットは、イタリア版のクロワッサン(フランス)。内部にはクリームやカスタード、ジャムなどが入っていることが多い。

5. ジャマイカ

「アキー・アンド・ソルトフィッシュ(ACKEE AND SALTFISH)」

西アフリカ原産のフルーツ「アキー」とタラの塩漬けを玉ねぎ、トマト、スパイスなどと炒めた料理。ジャマイカの国民食と言われている。ちなみにアキーは西アフリカではあまり食べられることはない。

6. コロンビア

「チャングワ(CHANGUA)」

コロンビアの首都ボコタの郷土料理。卵と牛乳のスープでパンを付けて食べられる。

7. ウクライナ

「シルニキ(SYRNIKI)」

ロシアではトワロージニキと呼ばれる東ヨーロッパ諸国で人気のパンケーキ。白いチーズ「クワルク」を混ぜた生地を外側パリパリ、内部はクリーミーな状態で焼き上げる。サワークリームやハチミツなどをつけて食べる。

8. スペイン

「パン・ア・ラ・カタラナ(PAN A LA CATALANA)」

「パン・コン・トマテ(Pan con Tomate)」として知られるスペイン・カタルーニャ地方の料理。パンにニンニクとトマトをすり込み、仕上げにオリーブオイルを垂らす。とてもシンプルだが効果的な食べ方のためとても人気。

9. オーストラリア

「ベジマイト・トースト(VEGEMITE TOAST)」

ビールの副生成物で作られるビタミン豊富なベジマイト……はオーストラリア人のパワーの源。しかし外国人は慣れるまで少々時間がかかると言われています。

10. エチオピア

「ジェンフォ(GENFO)」

エチオピアの小麦または大麦のお粥(ポリッジ)。中央のへこみにはバターとスパイス、側面にはヨーグルトが添えられる。

11. トルコ

たくさんの小さなお皿にトルコ発祥のパイ「ブレク」やコマのパン「シミット」、ハチミツ、オリーブ、チーズ、ジャムなどがズラッと並ぶトルコの朝食。

12. アメリカ

「卵、ベーコン、ハッシュドポテト(EGGS, BACON, AND HASH BROWNS)」

アメリカで人気の朝食はランバージャック・ブレックファースト(卵、ベーコン、ハッシュドポテト、トースト)。その他パンケーキ、フレンチトースト、ドーナッツもアメリカ伝統の朝食です。

13. アイスランド

「ハーフラグラウツール(HAFRAGRAUTUR)」

アイスランド版のオートミール。バターやブラウンシュガー、レーズン等がトッピングされる。またビタミン補給のため小さじ一杯の肝油「リーシ(lýsi)」を垂らすことも。

14. ドイツ

ドイツの伝統的な朝食は調理を必要としないものが多い。山盛りの肉やチーズのスライス、そしてたくさんの種類のパンとジャムが並ぶ。

15. ミャンマー

「モヒンガー(MOHINGA)」

ミャンマーの国民食とされる魚のスープとライスヌードルの麺料理。ひよこ豆の粉、ニンニク、レモングラス、魚肉ペースト、生姜、魚肉ソース、ナマズ等が作られており、早朝から屋台などで食べることが出来る。

16. キューバ

「カフェ・コン・レチェ・アンド・トスターダ(CAFE CON LECHE AND TOSTADA)」

キューバの朝食はコーヒ牛乳とトーストの黄金の組み合わせ。「カフェ・コン・レチェ」は、カフェ・オ・レ(フランス語)、カフェ・ラテ(イタリア語)に相当するスペイン語版のコーヒー飲料。「トスターダ」は、外側だけではなく内部にもたっぷりとバターを塗ってグリルしたパン。

17. アイルランド

「フル・アイリッシュ・ブレックファスト(FULL IRISH BREAKFAST)」

目玉焼き、トースト、ベイクドビーンズ、ソーセージ、フライド・トマト、マッシュルーム・ソテー等が含まれるイギリスの朝食(イングランド、スコットランド、アイルランド)。アイルランドでは、さらにホワイト・プディング、ブラック・プディング、ブラウン・ソーダブレッド、ホワイト・ブレッド・トースト等が追加で出される。

さらに海外の朝食に興味がある人には、こちらは世界の50カ国・地域の代表的な朝ごはんの画像もオススメです。お腹が減ってしまいますが一度は食べたみたい素敵な朝食です。
朝から食欲がモリモリとわきそうな世界50カ国の朝ごはんの画像

ソース:Breakfast Around the World in 17 Dishes from Pakistan to Jamaica

関連記事

世界各国の「飲んだ後の定番シメ料理」はこれだ - DNA

世界のおばあちゃんの手料理とその具材が並んだ台所の写真「Delicatessen with love」 - DNA

世界25の国や地域の1週間で食べる食料とその家族を比較した写真 - DNA

世界各地の人々が一日で食べる食事を比較した写真プロジェクト「What I Eat」 - DNA

ちょっと気になる世界10カ国の独特なテーブルマナー - DNA

人生最後の食事は何が食べたい?有名人の「最後の晩餐」いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧