科学と技術

3億円超のスーパーカー「ブガッティ・シロン」 完全停止状態から351km/hに到達するまでのスピードメータ映像


仏ブガッティ・オトモビル社が2016年に発表したスーパーカー「ブガッティ・シロン(Bugatti Chiron)」は、前モデルのブガッティ・ヴェイロンを遥かに凌ぐ程ハイスペックなモンスターマシン。その異次元レベルの加速を実感することが出来る映像がこちら。もう何もかもが桁違いです。

動画はこちらから。
You could say that the new #Bugatti… – Official EVO Magazine

この映像は英・「Evo」の公式Facebookで公開されているもの。ハンドルを握るのは自動車ジャーナリスト兼元プロレーサー Richard Meaden 氏です。

1. 停止した状態から自動発進制御「ローンチコントロール(Launch control)」を使ってスタート。約59秒くらいから発車しています。

2. 100km/h手前でローンチコントロールが解除され少しスピードダウンしていますが直ぐに100km/hに到達。

3. 7秒39で200km/h。左側には回転数(1/min×1000)と馬力(ps)、右側にはタイヤの空気(bar)と温度(℃)が表示されています。

4. 300km/hには14秒59で到達しています。なんじゃこりゃ。

5. そして出ました350km/h……たった21秒51

またブガッティが公開している加速性能は、0-100km/hが2.5秒以内、200km/hが6.5秒、300km/hが13.6秒。公式には発表されていませんが400km/hは30秒以内とされています。ちなみに最高速度は460km/h以上(ただし安全のため420km/hに制限)です。

こちらは昨年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに出場したブガッティ・シロンのオンボード映像です。
FIRST Onboard Footage of the Bugatti Chiron in Goodwood FOS – YouTube

ヴェイロン(Veyron)の後継モデルとして誕生したシロン(Chiron)。他の追随を許さないスーパーカーのヴェイロンから大幅に強化されており、8リットルのW型16気筒エンジンは1500馬力、最大トルクは1600Nmを出力。そして価格の方も約倍近くの3億円(250万ユーロ)とまさに桁違いのスーパーカーです。

6. ブガッティ・シロンの外観

7. 運転席はこんな感じ

また現在、新車として市販されている最も高額の車トップ10はこちら。もちろんブガッティ・シロンもランクインしています。ただし1位ではありません……
2017年版、現在最も高い値段で売られている新車トップ10

ソース:Bugatti Chiron review – the £2.5m hypercar we’ve been waiting for | Evo

関連記事

約3億円の超高級スーパーカー「ブガッティ・ヴェイロン」はどうやって納車されているのか - DNA

2012年版、現在最も高い値段で売られている新車トップ10 - DNA

夢の対決、日産・Juke-Rとブガッティ・ヴェイロンのドラッグレース動画 - DNA

テスラ・モデルS、驚異の発進加速で追突事故を危機一髪回避 - DNA

「狂気モード」を搭載した世界最速の電気自動車「テスラ モデルS P85D」のスタート加速は本当に狂っていた - DNA

流麗かつ威圧的なブガッティ・ガングロフ(Bugatti Gangloff)のコンセプト・デザイン - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧