世界のびっくりニュース

「魔法の図形」を使えば無人運転自動車を閉じ込めてしまえるのでは……というコンセプト動画


プログラムに自動車の運転をさせるためには、まず、ありとあらゆるケースを想定したプログラムを組み立てなければなりません。そうして作り上げられたプログラムで動く自動運転車はどこまで完璧なのでしょうか?ひょっとしたらこんなにもシンプルな「魔法の図形」で動けなくなってしまうのかも……というコンセプト動画です。

自動運転車は車線をはみ出さないように走るように作られています。それではその車線の境界線を表す二重の線で自動車を囲んでみると、どうなるでしょうか。

結果はこちらから。あくまでも「かもしれない」なのですが、動画にするとちょっとショックです。
Autonomous Trap 001 on Vimeo

自動運転の自動車は本当に様々な主体が研究している、今地球で最もホットな技術的トピックの一つ。こちらの記事の用に、これまでの社会の様子を非常に大きく変えてしまうと予想されるものだけに、実はすごく単純なトリックでダメになってしまうものかもしれません。このコンセプト動画はそうしたテーマで作られたアート作品ですが、イヤな感じでリアルです。
「3Dプリンター臓器は無人自動車システムが完成しないと発達しない」意外な関連性が明らかに – DNA

関連記事

最先端の「完全自動運転」は周囲の状況をどのように認識して運転しているのか、テスラモーターズがデモ映像を公開 - DNA

テスラの自動運転、前を走る車が起こす衝突事故を予測し急ブレーキをかけて多重事故を回避 - DNA

居眠りしているドライバー、そして何事も無く自動運転走行しているテスラ・モデルS - DNA

Googleの自動運転カー「ノロノロ運転」で警察に止められる - DNA

「3Dプリンター臓器は無人自動車システムが完成しないと発達しない」意外な関連性が明らかに - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧