世界のびっくりニュース

高速道路を全力で駆ける2頭のオオカミに遭遇する奇跡


日本ではすでに絶滅してしまったオオカミですが、カナダでは早朝の高速道路で2頭のオオカミが全力で疾走している姿が目撃されています。犬科最大の巨大な体躯をした真っ黒なオオカミの全力疾走。かなりの迫力です。

この映像は、カナダ・ノースウエスト準州に住む Rhonda Miller さんが、勤め先の学校へ向かう途中で撮影したもの。

ある朝、いつも通り高層道路で通勤していると遠くで動いている何かに気付いた Miller さん。初めは全力で走ってい人がいるのかなと思ったそうですが、少し近づくとその何かは人では無くクマのように見えてきました。しかし、この時期にクマはいないはず……と考えていると全力で走っている2頭の大きなオオカミに追いついていたそうです。

動画はこちらから。
Rhonda Miller – Running with the wolves on my way to work…

Miller さんは、これまでに高速道路でたくさんの種類の動物を見たことがあるそうですがオオカミに遭遇したのは今回が初めてとのこと。さすがに全速力のオオカミと並走したと友人に話しても信用してもらいないと思い、急いでスマホで撮影したそうです。確かにこれは映像が無いと信用するのは難しいかも。

1. この大きさはクマと間違っても仕方ない

2. 美しく疾走する野生のオオカミ

3. こちらが気になるのか走りながらもチラッと視線を向けてきます

またこの映像を見た人から「オオカミたちはどれくらいのスピードで走っていたの?」とよく聞かれるそうですが、オオカミを見ていたためハッキリとしたことはわからず「とにかく速かった。多分40〜50km/hくらい?」とのこと。またオオカミは30km/h前後であれば7時間以上走り続けることが可能と言われています。

ちなみに中東・カタールの高層道路ではトラが目撃されたことがある模様。カナダのオオカミは理解できますが、砂漠にトラって……
石油の国カタールの高速道路上で「野良タイガー」が目撃される

ソース:'I thought it was a bear': N.W.T. woman captures ride alongside 2 black wolves – North – CBC News

関連記事

オオカミ30匹が一斉に遠吠えしている大迫力な動画 - DNA

猛獣の決戦、グリズリーとオオカミの取っ組み合いをとらえた動画 - DNA

仰向け・肉球丸見えでナデナデをねだるオオカミからまったく威厳が感じられない動画 - DNA

オオカミの群れを撮影するカメラマンはとても大変だということがよく分かる動画 - DNA

猛吹雪の高速道路で突如着陸してきた軍用ヘリに道を聞かれた - DNA

高速道路でスリップストリームを利用するハト、時速100kmで次々と車を追い抜いていく - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧