科学と技術

リアルタイムでボールの落下位置を予測しゴーグルに表示する技術の動画がすごい


どこにボールが飛んでくるか予測できるようになると、ボールを使ったスポーツの様子はがらっと変わることは間違いありません。ディズニーの研究機関であるディズニー・リサーチが、リアルタイムでボールの軌跡を予測しそれをVRゴーグルに投影する技術を開発することに成功しました。

ボールとその予想される軌跡、落下地点が遅延を感じさせることなく表示されます。本来感触が発生しないはずのVR空間で確かに手がボールに触れるということ自体もなかなか面白しろいわけですが……

さらに面白いのがボールと軌跡を非表示にして、青いマーカーで示される予想落下地点だけを表示させたモード。つまりゴーグルをかけた人は飛んでくるボールがまったく見えていません。

しかし、ボールの落下位置が「分かっている」ので、このようにボールの方を見ずに手を出してキャッチすることができるのです。

「ボールが見えるモード」と「落下地点しか分からないモード」の違い。遥かに早く手の位置が決まります。

実際のスポーツに導入される日はくるのでしょうか。動画はこちらから。
Catching a Real Ball in Virtual Reality – YouTube

以前から、こうして2次元での軌跡予測をするシステムは存在しましたが、3Dで、かつ高速に表示するのはなかなか難しいことでした。技術の進歩はあっという間ですね。
誰でも凄腕ハスラーになれる夢のビリヤード・アシスト・システムの実演動画 – DNA

関連記事

テスラの自動運転、前を走る車が起こす衝突事故を予測し急ブレーキをかけて多重事故を回避 - DNA

移動履歴を収集して「次に向かうであろう場所」が予測できるアルゴリズムが開発される - DNA

世界の名画の外側をアルゴリズムによって予測し拡大した絵画「EXTRAPOLATED ART」 - DNA

兵士の筋力をアシストする「スキンスーツ型強化外骨格」をDARPAが開発中 - DNA

誰でも凄腕ハスラーになれる夢のビリヤード・アシスト・システムの実演動画 - DNA

筋力増強スーツにもなるウェアラブル発電機「PowerWalk」をアメリカ陸軍が2017年からテスト開始 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧