世界のびっくりニュース

荒れ狂った大波が部屋の窓に繰り返し激突……猛烈な嵐の中を航行する豪華グルーズ船からの景色が凄い


猛烈な風と巨大な波の中を航行する一隻の豪華クルーズ船。技術の粋を集めた最新の巨大船だけあり大きな問題もなく平然と大荒れの大海を進んでいるのですが、窓からの景色はいつもとは大きく違っているようです。

動画はこちらから。
Anthem Of The Seas Vs Huge Waves And 120 MPH Winds. Viewed From My Room On The Third Deck. NO MUSIC! – YouTube

この船はクルーズ会社「ロイヤル・カリビアン・インターナショナル」が誇る世界で2番目に大きい豪華クルーズ船「アンセム・オブ・ザ・シーズ(Anthem of the Seas)」(全長:348m、全幅:41m、総トン数:168,666トン、乗客定員:4180人、乗組員数:1500人)。

そしてこの映像は、この巨大な豪華クルーズ船「アンセム・オブ・ザ・シーズ(Anthem of the Seas)」に専属ミュージシャンとして長期に渡り乗船していたイギリス出身のミュージシャン Stephen Burke 氏が撮影したもの。2016年2月の嵐の日にデッキ3にある自室の窓からの景色が記録されています。

1. 通常の窓からの景色はこんな感じ。

2. とての気持ちのいい景色ですね

しかし、大海のど真ん中で強烈な嵐に遭遇してしまうと……

この日は最大風速が54m/s(120mph)を記録する猛烈な嵐と巨大な波が発生しており、デッキ3の部屋からの景色は一変しています。ちなみに最大風速が50m/sくらいになると人は浮きます

3. 海面が直ぐ目の前に

4. 時には波が直撃してきます

5. かなりの迫力

6. これはもう水中ですね

7. 廊下を歩いてみると船が大きく傾いていることがよくわかります

8. 映像が撮影されたデッキ3の場所はここ(黄色い部分)。いわゆる3階で結構な高さはありますが客室の場所としては一番海に近いところにあります。

船での長旅に慣れきった乗組員たちが余裕で話している姿はさすが海のプロですね。クルーズ船に乗る場合、この景色を味わいたい場合は一番下のデッキ、そうでない場合は値段は高くなりますが上階の方が安心できそうです。

また巨大な豪華クルーズ船だと揺れはそこまで大きくはありませんが、比較的小型の遠洋漁業船のリビングリームはとんでもなく大変なことになってしまうようです。

ちなみに海が荒れた日の豪華クルーズ船のプールはアトラクション化してしまう模様。これはかなり楽しそうです。
荒れた海を航行中の豪華クルーズ客船の揺れまくるプールにみんな大興奮

関連記事

まさに海に浮かぶ街と呼ぶべき世界で最も巨大なクルーズ客船11選 - DNA

日本で建造された最大の客船「AIDAprima(アイーダ・プリマ)」 着手からお披露目までの3年間を記録した超高画質タイムラプス映像 - DNA

南米・アマゾン川をゆったりと探検できる5つ星クルーズボート - DNA

海上保安庁巡視船「まつしま」が東北大震災で発生した津波を乗り越えている一部始終の動画 - DNA

巨大な船体が真っ二つに……大型クルーズ船をさらに大型化する拡張&オーバーホール作業のタイムラプス映像が凄い - DNA

あまりの強風に前進出来ず……世界最大級の自転車レース映像がカオス - DNA

猛烈な吹雪で米・オンタリオ湖畔の家が大変なことに - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧