世界のびっくりニュース

ビリヤード・マスターズ大会、日本トッププロ・大井直幸選手のインタビューが海外で話題に


スペイン南端のジブラルタル(英領)で行われた世界トップクラスが揃う招待制のビリヤード世界大会「World Pool Masters」に、5年ぶりに日本代表として参加した大井直幸選手がベスト8に勝ち進んだ時のインタービューが海外で話題となっています。

国内MVPを4度獲得し海外でも活躍している大井直幸選手ですが、英語の方はビリヤードほどの腕前では無い模様……しかし、それを逆手に取った英語インタビューが無双状態となっています。

動画はこちらから。
高山 隆夫 – やると思った……。ピコ太郎(笑) #jpool | Facebook

インタビュー前は普通に英語で話しているような……。計画的とも思える「PPAP」のパフォーマンスも飛び出し会場は大盛り上がりです。

大事な試合の結果はというと大井直幸選手は次のベスト4で惜しくも敗退、スペインのデイビット・アルケイド選手が初優勝しています。

またこちらは2010年の英語インタビュー時の映像。しっかりと受け答えをしていますが、サービス精神は昔からすごかったようです。今後の活躍に期待ですね。
マスターズ'10:必見!大井直幸(Flannel)爆笑インタビュー! – YouTube

ちなみに日本でのインタビューはというと……
大井直幸プロ 全日本選手権2014 インタビュー 【HD】 – YouTube

また大井直幸選手の twitter では米・ラジオに出演するとの報告が。どんなことになったのでしょうかね。

日本人の英語インタビューと言えばやはりこの人、米メジャーで活躍する川崎宗則選手。MLBの公式動画では「Best of Kawasaki」としてまとめられています。アメリカの野球ファンからの愛されかたが半端じゃありません。

ソース:Naoyuki Oi gives bizarre interview at World Pool Masters | News | Sky Sports

2017 World Pool Masters:デイビッド・アルケイド初優勝! | 「On the hill!」

大井直幸がベスト8進出 – トップニュース – ビリヤードウェブCUE'S | ビリヤード総合情報サイト

関連記事

リオ・オリンピック競泳女子メダリストの天真爛漫っぷりがすごい - DNA

マトリックスをCG無しで再現する日本人パフォーマー・蛯名健一(Kenichi Ebina)がアメリカを驚嘆させた動画 - DNA

狭い土地を活用しすぎているジブラルタル空港の交通システム - DNA

新体操からアメフトまで、究極に最適化されたアスリートたちの体型をスポーツ種別に比較した写真 - DNA

物理法則を完全無視したかのようなビリヤードのトリックショット映像集 - DNA

ゆらゆら揺れるクルーズ船の上でも遊べる不思議なビリヤード台の動画 - DNA

肉球を使ってビリヤードテーブルの球を全てポケットに叩き込むネコ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧