ネット・PC

2000枚のネコの画像で学習、どんな絵でもネコっぽく仕上げてくれるプログラム「edges2cats」


最近のコンピューターは、絵を見せればそこに何が描いてあるのか判別できるくらいに進化しましたが、その基本の部分である「輪郭を見て何のどの部分なのかを考える」を取り出したユニークなプログラムが「edges2cats」。何を描いてもネコっぽくカラーリングしてくれます。

Webページにアクセスし「line」で適当に輪郭を描いたり「eraser」で修正てから「process」をクリックすると仕上げてくれます。リアルに描くほど精度は上がりますが、ほんとうに適当に描いてもこのようにネコっぽくしてくれます。
Image-to-Image Demo – Affine Layer

ちなみにネコ以外の何かを描いても「これはネコに違いない」と考えてネコのパーツを切り出してくれます。作者によれば「これが一番ひどい」とのこと。

パターンを学習させて特徴を見出していくというのは、色々な分野で注目されている技術。こちらは写真を使って「空はだいたい青色」「こういう明るさの建物はだいたい白とかベージュ」など色を覚えさせてから、モノクロ映画である「ローマの休日」の動画を着色したもの。昔は人間がフィルムに着色していましたが、それに負けない精度です。
ディープネットワーク技術で自動的にカラー化された「ローマの休日」予告編がすごい – DNA

関連記事

誰でも簡単に本格的な宇宙船を生成出来るジェネレータ「Spaceship Generator」 - DNA

いつでも「バック・トゥ・ザ・フューチャーの日」ということにできる画像ジェネレーター「It’s Back To The Future Day!」 - DNA

どんな文章も「ニンジャスレイヤー」の「忍殺語」に変換できるアプリが開発中 - DNA

ディープネットワーク技術で自動的にカラー化された「ローマの休日」予告編がすごい - DNA

TRPGのダンジョンマップを自動生成してくれるWebサービス「Dave’s Mapper」 - DNA

ネコのゴロゴロ音を自由に生成して永久ループ再生できるWebサービス&iOSアプリ「Cat Purr」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧