科学と技術

折り紙の技術で広げると44マグナムを止められるシールド「防弾オリガミ」の動画


平面を非常にコンパクトに折りたためるので、人工衛星の太陽電池パネルに使用されている「ミウラ折り」など、折り紙の技術は色々な場所に応用されていますが、今回ブリガム・ヤング大学で開発された「防弾オリガミ」は、非常にコンパクトに畳めるのに44マグナムを止められるという恐るべき性能です。

従来の防弾シールドは非常に重たく、かつ1人しか守ることしかできませんが、今回ブリガム・ヤング大学で開発されたシールドは約20kgと軽量なもの。かつ「吉村パターン」と呼ばれる折り方によって非常にコンパクトに折り畳めるため、車のトランクなどに搭載して運ぶことができます。

展開も非常に簡単。

「吉村パターン」は円筒が上下につぶれる時に現れるダイヤ型のパターン。折りたたみが容易になり、角度がつくことで防弾能力の向上も見込めるとのこと。

中身はアルミの芯と12層に重ねられたケブラー繊維。ケブラーは耐候性があまりよくないため、環境対策もカギとなりました。

.357口径、9mm口径などメジャーな拳銃弾はもちろんのこと、.44マグナムのような大口径の弾丸も貫通させなかったとのこと。

動画はこちらから。
Bullet-proof origami: folding Kevlar shield designed by BYU mechanical engineers – YouTube

ソース:| Brigham Young University

関連記事

チタニウム板の防弾性能はどれくらいのものなのか50口径ライフルで試している動画 - DNA

RPG-7で400mmの防弾ガラスをブチ抜くことができるかどうかやってみた - DNA

真のハードボイルド野郎必見、9mmFMJを止めることができる「防弾クリップボード」が発売 - DNA

氷の力で体を冷やせて防御力もあげることができる防弾プレート型水筒「IcePlate」 - DNA

戦闘車両をバッテリーだらけにできる「防弾電池プレート」をレイセオン社が開発 - DNA

瞬間的に防弾ベストに変身するバックパック「RAD Pack」 - DNA

オフィスが襲われても安心な「防弾デスクマット」が発売 - DNA

紛争地帯でもビシっとオシャレできる防弾スリーピーススーツが開発される - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧