科学と技術

M&Mチョコレートを自動的に色分けする自作マシンの動画


カラフルさが魅力のM&Mチョコレート。色で味は変わらないはずですが、中には「○○色だけをひたすら食べたい」「○○色だけは食べたくない」という人もいるはず。そんな人にはこんなマシンが役に立つのではないでしょうか。

ニュージーランド出身、現在はオランダ在住で機械工学を学ぶウィレム・ペニングさんが設計したM&M色分けマシンの展開図。真ん中の円盤がメカニズムのキモとなっています。上から来たM&Mをジョウゴで受け、ロータリーチェンバーの中で30ミリセカンドの色識別を3回実施。

その後、ノズルをそれぞれの色の皿の上まで移動させ、チェンバーを90度回転させるとコロンと出て来る仕組みになっています。秒間2個、300グラム入りの袋を色分けするのに2~3分ほどかかるとか。

動画はこちらから。
M&Ms and Skittles sorting machine – YouTube

「何に使うの?」と言われても「M&Mを色分けするのに使う」しか言いようのないマシンですが、世の中にはこういうほんとによくわからないマシンを作っている人もいます。エンジニアリングはアートですね。
1分間に120機「自動で紙飛行機を折って撃ちまくるマシン」が大幅アップデートされて公開 – DNA

ソース:M&Ms and Skittles sorting machine – Willemm.nl

関連記事

レンズまで完全に3Dプリンタで出力することができるフィルムカメラ「SLO: 3D Printed Camera」 - DNA

3Dプリンタを使ってフルスクラッチしたカマロのV8エンジンの模型を動かす動画 - DNA

3Dプリンタで出力するナイロン樹脂製アルトサックスをスイスの研究者が開発 - DNA

圧倒的物量で「幼児虐殺」を再現した3Dプリンタ製ゾエトロープの動画 - DNA

予想不能のアート、3Dプリンタの失敗作品集「The Art of 3D Print Failure」 - DNA

金属3Dプリンタによる1911型45口径ピストルの製造・実射にアメリカの企業が世界で初めて成功 - DNA

「すでに曲がったiPhone 6 Plusのための保護ケース」を3Dプリンタで作れるデータが公開 - DNA

超巨大3Dプリンタで家一軒まるごと印刷しようとする男のドキュメンタリー「The Man Who Prints Houses」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧