世界のびっくりニュース

質実剛健なロシアのドラグノフ狙撃銃をマイナス50度に凍らせて撃つテスト動画


ドラグノフ狙撃銃はエキゾチックなデザインで人気がありますが、東側兵器の常である質実剛健さもウリの一つ。どんな環境でも撃てそうなイメージを裏切らない信頼性の高さです。

動画はこちらから。
Стрельба из замороженной до –50 °C СВД: видео испытаний – YouTube

ドラグノフの仕事は機関銃手や無線手、敵の小隊長など、ちょっと厄介なターゲットを普通のライフルの射程外から撃つこと。ちょっとロートルなのですがそれなりに人気もあり、こうしてアップデートキットを作っている企業もあるようです。
ドラグノフ狙撃銃をいかにも現代風にカスタムできるKEYMODハンドガードをチェコの企業が制作 – DNA

関連記事

武骨だけれどそれがいい、東側諸国のスナイパーライフルいろいろ - DNA

ドラグノフ狙撃銃をいかにも現代風にカスタムできるKEYMODハンドガードをチェコの企業が制作 - DNA

アメリカ軍、なぜかAK-47用弾倉を59万2千825個調達 - DNA

「プーチン大統領、イズマッシュ社を助けて……」AK-47自動小銃の設計者・カラシニコフ御大自ら嘆願書を送る - DNA

武骨だけれどそれがいい、東側諸国のスナイパーライフルいろいろ - DNA

究極のゴツゴツ感、ロシアの攻撃ヘリの画像いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧