世界のびっくりニュース

「バービーちゃんタイプライター」には暗号・復号機能が搭載されていた


着せ替え人形「バービー」のグッズには、人形用のものだけではなくそれで遊ぶ子ども達も使えるようなものが揃っています。その中には、大人用顔負けのタイプライターもあるのですが、それにはなぜか暗号文を作ったりそれを復号したりする機能が搭載されていたのです。

こちらがその「バービーちゃんタイプライター」いかにも子ども用、という感じの見た目ですが、何故か暗号化機能が搭載されています。

このタイプライラーは当時のユーゴスラビアの模型・玩具メーカー、メハノテフニカ製のもの。メハノ社は鉄道模型メーカーとして知られていますが、他にも様々なオモチャのOEM、そしてタイプライターの量産なども行っていました。

そのラインアップのうちの1つ、E-115には「特別機能」として、暗号化・復号化機能が搭載されていました。ある文字を別の文字に置き換える「単純換字暗号」という最もシンプルな暗号方式で、換字パターンを4種類の中から選択可能、ある特定のキーを押すと暗号化/復号モードに入り、文を出力することができました。

バービーちゃんタイプライターはE-115のボディを換えただけのものなので、当然暗号化機能も生かされています。かわいいおもちゃに搭載するにはややダークな機能ですが……東欧生まれという出自と合わせると、なかなかにエキゾチックです。

そんな大人が遊んでも楽しいバービーちゃんグッズは、こんなエクストリームなスポーツにも用いられています。バービーちゃんジープで思いっきりダウンヒルしていくところは爽快です。

子ども用電動ジープによるエクストリーム・ダウンヒルレース「EXTREME BARBIE JEEP RACING 2016」 – DNA

ソース:Barbie typewriter

トップ画像:Rotors | Lars O. | Flickr

関連記事

何かの暗号?中世ヨーロッパの本の余白に描かれた奇妙な絵20選 - DNA

キヤノンのプリンタをハックして「Doom」を遊べるようにすることに成功 - DNA

危険なWi-Fiネットワークがあると光って知らせる魔法の短剣「つらぬき丸」をDIY - DNA

米国防総省高等研究計画局DARPAからの挑戦「シュレッダーにかけられた文書を復元できたら賞金5万ドル」 - DNA

電子計算機の黎明期に作られた巨大なコンピュータの写真いろいろ - DNA

Raspberry Piで作るTor対応の無線LANルーター「Onion Pi」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧