科学と技術

レンガのごとき異形の銃用サイレンサー「​Compact Ported Suppressor​」


銃の先端につけて音を静める「サイレンサー」は、円筒形の細長いもの……という常識は変わりつつあるわけですが、それでもArion社が発売したこちらのサイレンサーは……レンガというかなんというか、完全に直方体で実に不思議な感じです。

1. アメリカ・オレゴン州のArion社が開発したのがこちらの「​Compact Ported Suppressor​」。「小型開口静音器」とそのまんまの商品名となっています。直方体なのはSilencerCo社のOspreyシリーズなどいくつか例がありますが、銃口以外の穴が開いたものは珍しい。

2. 中身はこちら。上のバネ類は動作を確実にする、いわゆるリコイルブースターの部品です。構造は中に仕切りを設けてガスを減速させる、ごくオーソドックスなもの。しかし前端の仕切りが開口していて、そこからガスが逃げます。

3. 銃口を中心としてぶら下がる形になっているのは、上部の照準器を避ける工夫。この構造によってサイズを短縮・小型化することができるようになった……とのことですが、いったいどのような音がするのか。価格は1つ1700ドル(約20万円)とこの手の製品としても高価なだけに、テストや動画の公開が待たれます。

関連記事

「銃声を抑えるあの部品」の名前は「サイレンサー」と「サプレッサー」のどちらが正解か - DNA

本当によく見る「サイレンサー」あるいは「サプレッサー」に関する質問まとめ - DNA

ほんとに音は消える?銃につけるサイレンサーの効果がよくわかる動画 - DNA

サイレンサーを取り付けたまま折りたためるクイックアタッチメント「SEG Folding QD」 - DNA

さらに消音 サイレンサーをつけた銃で「サブソニック弾」と通常の弾を撃ち分けてみるとこうなる - DNA

米海軍情報機関の調査員、約200倍の値段で軍に「サイレンサー」を購入させた容疑で調査 - DNA

「大きな拍手程度」まで減音できる散弾銃用サイレンサー「Salvo」の試し撃ち動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧