アートとデザイン

アメコミ界の生きる伝説スタン・リーがマーベル映画にカメオ出演している全シーン


スパイダーマン、アイアンマン、ハルク……などマーベル・コミックに登場するスーパーヒーローたちを原作者として次々と生み出してきたスタン・リー。マーベル映画にちらっと登場する「カメオ出演」でも非常に有名で、現在94歳と高齢ながら2016年も4本の映画にカメオ出演しています。

ということで「X-Men」(2000年公開)から「ドクター・ストレンジ」(2016年公開)までマーベル・コミックのスーパーヒーローたちを描いた28本もの映画にカメオ出演しているシーンをまとめたのがこちらの映像です。もしスタン・リー本人を知らないという人も、マーベル映画を見たことあれば「あのサングラスのおじいちゃんね」と思い出すことが出来ると思います。

動画はこちらから。
All Stan Lee Cameos HD (Updated Doctor Strange) – YouTube

出演本数だけ見ると大スター以外の何者でもありませんね。

1. X-Men (2000年)

2. スパイダーマン (2002年)

3. デアデビル(2003年)

4. ハルク(2003年)

5. スパイダーマン2 (2004年)

6. ファンタスティック・フォー(2005年)

7. X-MEN: ファイナル ディシジョン(2006年)

8. スパイダーマン3 (2007年)

9. ファンタスティック・フォー:銀河の危機(2007年)

10. アイアンマン(2008年)

11. インクレディブル・ハルク(2008年)

12. アイアンマン2(2010年)

13. マイティ・ソー(2011年)

14. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年)

15. アベンジャーズ(2012年)

16. アメイジング・スパイダーマン(2012年)

17. アイアンマン3(2013年)

18. マイティ・ソー/ダーク・ワールド(2013年)

19. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年)

20. アメイジング・スパイダーマン2(2014年)

21. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年)

22. ベイマックス(2014年)

23. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年)

24. アントマン(2015年)

25. デッドプール(2016年)

26. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)

27. X-MEN: アポカリプス(2016年)

28. ドクター・ストレンジ(2016年)

さらに2017年公開予定の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス」や「スパイダーマン:ホームカミング」にも出演が決まっています。1922年生まれの94歳ですがまだまだ元気いっぱいです。

またマーベル映画以外にもマーベル作品のTVシリーズを初め様々な映像作品にもカメオ出演しているスタン・リー氏。変わり種としては、X JAPAN の曲「BORN TO BE FREE」のMV(YOSHIKIが監督)にも出演しているのですが現在のところ未発表です。

ちなみにカメオ出演で有名な映画監督と言えば巨匠アルフレッド・ヒッチコック。こちらの映像ではヒッチコック監督した39作品のカメオシーンがまとめられています。
アルフレッド・ヒッチコック監督がカメオ出演している全シーンを5分にまとめた動画「Every Alfred Hitchcock Cameo」

関連記事

もしアメコミのスーパーヒーローにスポンサーがついたらこうなるというイラスト30枚 - DNA

全くの別物に進化している実写版アメコミ・スーパーヒーローたちの比較写真 - DNA

「もし、ピクサーがアメコミのキャラクターを描いたら?」を実現したイラスト20枚 - DNA

アメコミのスーパーヒーローを身長順に並べて比較するとこうなる - DNA

ピカソ風キュビズムで描かれたアメコミのスーパーヒーローたちの絵画いろいろ - DNA

古代の中国武将風に描かれたアメコミヒーローのイラストシリーズ「Western Hero X Chinese Opera」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧