世界のびっくりニュース

ロシアの漁師が北極海の海底でさらった強烈なビジュアルの深海魚


ロシアの漁師が地引網で捕獲した北極海の深い海の底に生息している大変珍しい深海魚の写真です。海の底にはまだまだ知らない世界がありそうです。

ロシアの首都モスクワから北へ約2000km、北極海(バレンツ海)に面したムルマンスクは、かつては世界最北の不凍港を持つため軍港として、現在は漁業や海運業として栄える北極圏最大の都市。

そんなムルマンスクでトロール(底引き網)船の漁師として働く Roman Fedortsov 氏が、今年の初め頃から深海に住む珍しい生物の写真をTwitterに投稿しはじめたのがこちらの写真です。かなりのインパクですよ。

その他の深海魚や海底生物の写真はこちら Roman Fedortsov さんのTwitterで公開されています。さらに見たこともない不思議な生物が追加されているかも。
Роман Федорцов(@rfedortsov)さん | Twitter

また深海以外にも異型の姿をした生物たちは存在しています。ジャングルにも深海に劣らず未知の凄い世界がありそうです。
[閲覧注意]夜に見ると悪夢に襲われそうな恐ろしい姿・形をした動物10選

ソース:Russian Deep-Sea Fisher Shares His Monster Discoveries on Twitter

関連記事

[閲覧注意] 口から白いネバネバした巨大な器官を吐き出しているヒモムシのショッキング映像 - DNA

ウナギに成長するとは到底信じられない、平たく細長く透明なウナギの幼生「レプトケファルス」の貴重映像 - DNA

深海にすむ巨大イカ「マーニャピンナ」の禍々しすぎる画像 - DNA

かつて地球上に生息していた奇妙な古代生物のカラー復元イラスト25選 - DNA

300年前から近代まで、未知の深海に挑んだ潜水服の進化の歴史をまとめた写真33枚 - DNA

絶滅した古代生物から現代の動物まで地球上の巨大生物10選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧