世界のびっくりニュース

盗み殺人なんでもアリ 極寒のシベリアで9ヶ月耐えるロシアのリアリティTV番組「Game2: Winter」が参加者募集中


地球上で住みにくいところトップ10に間違いなく入ってくるであろうシベリアの原生林を舞台に9ヶ月間サバイバル生活、生き残れたら賞金、という悪夢のようなリアリティTV番組「Game2: Winter」が参加者募集中です。

ロシアの起業家、エブゲニー・ピャトコフスキーの出資によって行われる「Game2: Winter」は30人の参加者が、100万ルーブル(訳190万円)の賞金をかけてシベリアにある3.5×3kmの原生林を舞台に2017年7月1日から2018年4月1日までを生き抜くというもの。

最初にロシア連邦軍参謀本部情報総局GRUの特殊部隊からサバイバル技術をレクチャーされた後、冬を過ごすための食料・燃料やシェルターを自分で用意し、それで冬を越さなければなりません。ただし挑戦者は最初に100kgの物資を持ち込むことができる他、視聴者の各挑戦者への投票によって毎週物資を受け取ることもできます。他の人とチームを組むもよし、単独チャレンジするもよし。

真冬には摂氏マイナス40度に達し、あまり人口密度も高くないなど過酷な環境になることで知られるシベリアなので撮影隊は送られず、映像は設置される2000台の監視カメラと挑戦者が持つポータブルカメラで撮影されます。

ルールは挑戦者自身の責任において殺人も盗みもなんでもあり。テレビに写るとはいえ一番近くの警察官が駆けつけるのに、ヘリコプターで30分以上かかる環境なので、イザというときにはなにが起こるか分からない……というスリルを売りにしているようです。ちなみに挑戦資格は「18歳以上の正気の人」とのことで、一応サイコパスが紛れ込むことは防いでいますが……。

あまりにも寒いエリアなので動いている動物の足すら凍りついてしまうシベリア。果たして死者なく番組を終えることができるのでしょうか。
マイナス35度のロシア、あまりの寒さに足が地面に凍りついてしまった猫の救出劇 – DNA

ソース:New Reality TV Show to Pit Man Against Harshest Siberian Wilds

Russian reality TV show Game2: Winter to ‘allow’ rape and murder in Siberia | Television & radio | The Guardian

関連記事

ロシアのスパイ候補生「卒業記念ベンツパレード写真」をネットにアップして約50人の顔が明らかに - DNA

ロシアの漁師が北極海の海底でさらった強烈なビジュアルの深海魚 - DNA

マイナス35度のロシア、あまりの寒さに足が地面に凍りついてしまった猫の救出劇 - DNA

シベリアの世界一寒い村「オイミャコン」の冬はこんな感じ - DNA

英サン紙「シベリアで毛むくじゃらのマンモスを発見」と報道、動画を公開 - DNA

巨大な氷山に襲われたかのようにガチガチに凍りついてしまったシベリアの水力発電所 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧