世界のびっくりニュース

高速道路で前を走る挙動不審な車、近づいてみるとタイヤが無かった


高速道路を走行中に隣の車線をハザードランプをつけてゆっくりと走っている車を発見。追いつてみると、なぜか前輪左側のタイヤが存在しておらずホイールのリムを削りながら金属音を響かせ突っ走っています。ここは高速道路……それ以前に公道のはずなのですが。

動画はこちらから。

まわりに危険を知らせるハザードランプをつけていますが、それよりも走っちゃいけないレベルなんですけどね。それにしてもタイヤはどこへ消えてしまったのでしょうか。

また、この後にこの車は約15マイル(24km)ほどこの状態のまま走っていたとのこと。タイヤが無くなってもそれなりに走る事ができるんですね。

タイヤ無しで走っているこの車はトヨタ・RAV4。オフロードもいけるクロスオーバーSUV(モノコック構造のSUV)なので、タイヤが1つくらいが無くても問題ないと判断したのかも。

1. これには警察もビックリ。リム部分は完全に無くなっていますね。

ちなみに車のホイールですが、あまりにも寒い中を走っているとこうなってしまうようです。
あまりにも寒いと車のホイールはこうなってしまうらしい

ソース:Watch In Disbelief As This Person Drives Down The Highway Without A Tire, Gives No Fucks

関連記事

「絶対パンクしないタイヤ」でいかなる道も走破する4輪バギー「Sportsman WV850」登場 - DNA

タイヤが無くなるまで頑張る最強のバーンアウトの動画 - DNA

大規模工事現場専用巨大ダンプトラックのタイヤ交換の一部始終 - DNA

5000km以上走行可能で絶対にパンクしない自転車用タイヤ「Nexo Tires」&「Ever Tires」 - DNA

F1レース中のタイヤはサーマルカメラで見るとこうなっている - DNA

ウクライナの高速道路でありえない方向からありえないモノがやってくる動画 - DNA

どうしてこうなった?と思わず考えてしまう不思議な自動車事故の写真25枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧