世界のびっくりニュース

Google、2016年を検索で振り返る「Year In Search 2016」を公開


今年も残すところあと少し。2016年に世界中の人々が何に関心を持ち、また何を知りたかったのかを検索データで振り返るGoogle謹製の映像「Year In Search 2016」が公開されました。また2016年の検索ワードランキングも同時にまとめられています。

動画はこちらから。
Google – Year In Search 2016 – YouTube

今年2016年もいろいろとありました。中東・移民問題やEU離脱問題、アメリカの大統領選挙、リオオリンピック。そして日本の熊本地震などのニュースが世界を駆け巡りました。また音楽界ではデヴィッド・ボウイ(1947〜2016)、プリンス(1958〜1016)、スポーツ界ではモハメド・アリ(1942〜2016)、そして演劇界ではハリーポッターでセブルス・スネイプを演じたアラン・リックマン(1946〜2016)などがこの世を去っています

●日本・総合
2016年に日本で検索されワードのトップ10。ポケモンgoが異彩を放っていますね。
‪‪2016 年の急上昇ワードを見る(日本)

(1位:youtube、2位:yahho、3位:天気予報、4位:楽天、5位:ニュース、6位:モンスト、7位:amazon、8位:dmm、9位:facebook、10位:ポケモンgo)

●日本・急上昇
そして2016年の日本での検索急上昇の結果がこちら。もう一つの流行語大賞でしょうか。

(1位:ポケモンgo、2位:オリンピック、3位:smap、4位:トランプ、5位:熊本地震、6位:君の名は、7位:シンゴジラ、8位:ピコ太郎、9位:台風10号、10位:iphone7)

●日本・話題の人
2016年に日本で最も検索された話題の人たち。なるほど……

(1位:smap、2位:トランプ、3位:ピコ太郎、4位:ベッキー、5位:小林麻央、6位:高畑裕太、7位:吉田沙保里、8位:清原和博、9位:ディーン フジオカ、10位:前田健)

●日本・映画
2016年に日本で最も検索された映画のタイトル

●日本・世界が検索した Japan
世界の人たちが検索した「Japan」。海外から最も関心があったのは地震だったようです。

その他日本での2016年の検索ワードランキングはこちらで公開されています。
‪‪Google 検索で振り返る(日本)‬‬ – Google トレンド

●全ての地域
そして世界での検索結果はというと……1位はポケモンGO。日本の総合でも10位でした。
‪‪2016 年の急上昇ワードを見る(全ての地域)

ちなみにポケモンGOが日本で公開される以前のニューヨーカーたちの熱狂っぷりはこんな感じでした。その後に日本でも大変なことになるのですが……
真夜中のセントラルパークに「ポケモンGO」のレアキャラが出現、公園一帯がカオス状態に

関連記事

もし、Twitter、Google、Facebookが1980年代に登場したら?を細部に至るまで再現した動画 - DNA

Googleにイスラム教、キリスト教、ユダヤ教、仏教の信者の評判を聞いてみた - DNA

これがGoogle流「ブレインストーミング」のやり方だ - DNA

「Googleで最も不愉快な仕事」は正社員ではなく契約社員が行っている - DNA

データの鬼、Googleが解析した「よい上司を製造する8つの条件」 - DNA

Google、データ解析の結果「面接の難問奇問パズルはムダ」と結論 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧