世界のびっくりニュース

ワンプッシュで撮影方向が180度変わって面白いセルフィースティック「Spivo」


自分のカメラで自分を撮影するための棒「セルフィースティック」は今や当たり前のものとなりましたが、自分の方を向いている以上、突然撮影したいものが反対方向に出現してもすぐにカメラを向けることができないという欠点があります。これを解決してくれるのが「Spivo」。便利なだけでなく、動画で使うとちょっとアクション風味が増加します。

Spivoはごくごく普通のセルフィースティックに見えますが、手元のボタンで土台がくるりと180度回転するというもの。手元にシャッターボタンなどはありませんが、バッテリーレスで運用できます。

長さは三種類あります。

ネジは一般的な三脚用のものなので、GoProなどのアクションカメラはもちろん、サイズが合うスマートフォンホルダーなどを装着して使うことも可能です。

視点がくるくる変わる動画はこちらから。
Spivo: The Game Changing Selfie Stick – YouTube

セルフィースティックは必要から生まれたものですが、最近は進化してこんな風に手で持たなくても撮影が可能なスマホケースも登場しております。撮影も主演も何もかも自分だけ、という映画もどんどん出てきそうですね。
自撮りが新たな次元へ、超小型ドローン搭載のスマホケース「AirSelfie」が登場 – DNA

ソース:Spivo Stick | GoPro Selfie Sticks, Mounts, and Accessories

関連記事

「自分撮りをしてはいけない瞬間」のお手本のような画像が話題に - DNA

1920年のカメラで「自分撮り」をするのは結構大変だった - DNA

自撮りが新たな次元へ、超小型ドローン搭載のスマホケース「AirSelfie」が登場 - DNA

ネットユーザーを騒がせた世界レベルの「自分撮り写真」いろいろ - DNA

ロシアには「セルフィースティック(自撮り棒)」を使った格闘テクニックがある - DNA

発送の転換が求められる宇宙ステーション内での「自分撮り」の方法 - DNA

ナマケモノを抱っこして自分撮りをさせるとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧