世界のびっくりニュース

のどで歌うモンゴルの特殊な歌唱法「ホーミー」による圧倒的な独唱


ありがたいお経のような独特のダミ声からまるで笛のような美しい音色までを特殊な歌唱法で歌い上げているのがこちらの映像。モンゴルの大自然とあいまって非常に幻想的な雰囲気に包まれます。

動画はこちらから。それにしても雄大な自然ですね。
Khusugtun Batzorig Chinggis khaan – YouTube

美しい喉歌(のどうた)を披露しているのは、モンゴルの民族楽団「Khusugtun(フスグトゥン)」のメンバーで、喉歌歌手&馬頭琴奏者の Batzorig Vaanchig 氏。ちなみにこの曲は、モンゴル帝国・初代皇帝チンギス・カンを称える内容となっています。

こちらの映像も Vaanchig 氏によるもの。演奏しているのはモンゴルの民族楽器「馬頭琴(モリンホール)」です。
Cengiz Han'a Övgü (Batzorig Vaanchig) – YouTube

喉歌(のどうた)はアルタイ山脈周辺の民族に古くより受け継がれている歌唱法で、モンゴルでは「ホーミー(Хөөмий)」、その他の民族や国では「フーメイ」や「カイ」などとも呼ばれています。

そしてKhusugtun(フスグトゥン)が演奏している映像はこちら。笛のような音色は本当に不思議ですね。
Khusugtun – Mongolian music in London – BBC Proms 2011 Human Planet – YouTube

また独特なのは歌唱法だけではなく、モンゴルの民族衣装もまた独特な美しさがあります。こちらは20世紀初頭のモンゴルで撮影された綺羅びやかな民族衣装に身を包んだ女性たちの写真です。
独特な民族衣装を身にまとった20世紀初頭の美しきモンゴルの女性たち

関連記事

[閲覧注意] モンゴルで発見された200年以上昔の即身仏、専門家「深く瞑想中でまだ生きている」 - DNA

秘境に住む唯一無二の伝統文化に生きる少数民族の姿を記憶する写真シリーズ「Before They Pass Away」 - DNA

たった数年でここまで変わった、モンゴルの遊牧民の子どもたちの比較写真10枚 - DNA

北京からモスクワまでの約7621kmを結ぶモンゴル縦貫鉄道の旅を4分にまとめたショートフィルム「Trans-mongolian」 - DNA

悠久の騎馬民族、1913年に撮影されたモンゴル各地の画像 - DNA

一流の舌や喉の動きは異次元、歌唱中のオペラ歌手をMRIスキャンした映像が凄い - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧