ゲーム

巨大ロボの雇われパイロットとして戦う「メックウォリアー」続編が16年ぶりに登場 約7分のインゲーム動画が公開


90年代、SFゲームファンの間で熱狂的に受け入れられた一人称アクションゲーム「メックウォリアー」シリーズの続編について、しばらく情報が途絶えていましたが先日カナダ・バンクーバーで行われたコンベンション「Mech_Con 2016」において、約7分の動画が公開されました。

「バトルテック」は巨大ロボットに乗り込み戦うターンベースのボードゲームとして80年代後半に登場。その後「バトルテック」を戦闘解決のシステムとするTRPG「メックウォリアー」が作られ、その後コンピューターゲーム、小説、アニメ、トレーディングカードゲームなど、数々のフランチャイズに展開、現在も根強い人気があります。

「バトルテック」を遊んでいるところ。
Battletech Wargame | Geohex Terrain with Anti Acid Rain Cup.… | Flickr

今回発表された「メックウォリアー5:マーセナリーズ」は、PCゲーム版としては16年ぶりとなる新作。巨大ロボ「メック」をあやつり星間戦争を戦う一人称視点のアクションゲームとなります。制作はPiranha Games。Oculus RiftなどのVRヘッドセットに対応するのかどうかは分かりませんが、レンダリングエンジンであるUnreal Engine4はVRとの親和性も高いので対応は十分に期待できそう。
MechWarrior 5: Mercenaries Pre-Alpha Footage (Mech_Con 2016) – YouTube

2000年の第4作から数えると実に16年ぶりとなるシングルプレーヤー・キャンペーンのゲームになります。ファンとしては実に楽しみです。
The Evolution of MechWarrior: 1989 – 2012 – YouTube

なお、同じくPiranha Gamesの手になるオンライン版マルチプレイヤーゲーム「メックウォリアー・オンライン」のほうもサービスと開発は継続されるそうです。
MechWarrior Online – GDC 2012 Gameplay Trailer – YouTube

ちなみに「バトルテック」のほうも、オリジナルの製作者達によってKickstarterが展開され、現在PC上で遊べるターンベースの戦略ゲームとして開発が進んでいるようです。
BATTLETECH – Early In-Engine Visual Exploration (Not Gameplay!) – YouTube

発売した暁には、是非こういう感じのマッシヴなコントローラーで遊びたいものですね!
最高に気持ちが高まるロボットゲーム用の巨大コントローラーがE3に出展中 – DNA

関連記事

古今東西いろいろなSFに登場する宇宙船のサイズ比較用超巨大チャート - DNA

赤ちゃんをメックウォリアーにする巨大ロボットコスチュームの動画 - DNA

究極の「ごっこ遊び」、コスプレ+アクション+テーブルトークRPGな「LARPing」がヨーロッパで流行中 - DNA

最高に気持ちが高まるロボットゲーム用の巨大コントローラーがE3に出展中 - DNA

国民的アイスと巨大ロボがフュージョンした「トランスフォーマー ガリロボ君」がもうすぐ発売 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧