アートとデザイン

ヒップホップ黎明期を記録した1980年代ニューヨークの貴重なストリート写真集


1970年代に米・ニューヨークのサウス・ブロンクスに住む黒人の若者たちから生まれたヒップホップ。現在はラップやDJプレイ、ブレイクダンスなど世界中を席巻してるヒップホップですが、30年以上も昔にニューヨークでヒップホップ文化を作り上げた若者たちが撮影されています。

この写真シリーズは、ニューヨーク・ブルックリン出身のアフリカ系アメリカ人写真家 ジャメール・シャバズ(Jamel Shabazz) 氏の作品。ヒップホップ黎明期にニューヨークで育ち、初めての写真はカメラを手にした15歳の時に友人や仲間を撮影したこと。

その後海外での軍隊生活を経て除隊後の1980年にニューヨークに戻ったシャバズ氏。支援が必要な人や地元のボスなど様々な人々を街中を有るき回って当時のニューヨークを記録しています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

またこちらの写真はコンゴ共和国の独特の哲学を持った50~60年代のフレンチ・ファッションに身を包む紳士たち。赤道直下なのですがビシっと決まっています。
50~60年代のフレンチ・ファッションに身を包む、コンゴ共和国の半端無くダンディーな紳士「サペー」たち

ソース:Photos: the authentic poses of NYC hip-hop culture in the 1980s

関連記事

巨匠・スタンリー・キューブリックが18歳の頃に撮影したニューヨーク地下鉄のモノクロ写真16枚 - DNA

1960年代に日本人写真家が見たニューヨークのモノクロ写真シリーズ「NEW YORK IS」 - DNA

約100年前のニューヨーク・エリス島移民局で撮影された、世界各国の民族衣装に身を包む移民たちのカラー復元写真 - DNA

黄金の1920年代と現在のニューヨークの街角を比較した写真いろいろ - DNA

超早口で実況するアメリカの競売人とヒップホップを融合したらこなる - DNA

これがインターネット依存症……?電源と無線LANを探して歩くニューヨークの人々の写真いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧