科学と技術

ラジコン・クワッドコプターで天井の電球を交換するには何個の電球が必要か試してみた動画


「天井の電球を変えるのに(バカにしたい人種やグループ)は何人必要か」という「電球ジョーク」がありますが、ラジコンドローンなら操縦者は1人で済む代わりに電球がいくつか犠牲になるそうです。

電球をつかませてソケットの下まで飛び、何回転かさせるという、字で書けばとっても簡単な作業。宇宙船どうしのドッキングですら自動でできる時代ですから、あっという間に終了すると思ってしまいますが……

あっ……

何度も挿入される掃除シーンがシュール。

最終的には電球9個の犠牲を経て成功したとのこと。ちなみにドローンも1台破損したそうです。
Replacing a lightbulb with a drone – YouTube

天井くらいならハシゴを使えば簡単に作業できますが、世の中にはとんでもないところに設置された電球もあります。こうした高所作業用ドローンがジョークでなくなる日はもうすぐなのかもしれません。
はしごを600m登った先にある超高層テレビ塔の頂上に設置された電球の交換作業動画 – DNA

関連記事

はしごを600m登った先にある超高層テレビ塔の頂上に設置された電球の交換作業動画 - DNA

IMAXシアターの映写機の電球を替えるには何人の技術者が必要か? - DNA

中国のスタントマンは電球をバリバリ食べることができる - DNA

どこでも手に入るシャベルとガラクタから射撃可能なAK-47自動小銃を作る方法 - DNA

サイレンサーを取り付けたまま折りたためるクイックアタッチメント「SEG Folding QD」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧