世界のびっくりニュース

リモート操作で逃げまわるタックル練習用ドローンサンドバッグ「MVP」の動画


走って逃げまわる相手にタックルするのは難しいもの、なので練習が必要なのですがケガをする確率も高くなります。そんな時は心ゆくまでタックルの相手をしてくれて、しかも傷つかない「MVP」の出番です。

ラグビーやアメフトのような球技では、このようにタックルで相手を捕まえにいくことが認められています……があんまり練習すると倒す方はもちろん、倒される方のダメージが大変なことになってしまいます。

そこで、ダートマス大学の学生が開発したのがこの「MVP」。Mobile Virtual Playerつまり「可動式仮想プレイヤー」の略。車輪付きサンドバッグといった感じの代物ですがこれがなかなかすごい。

まず倒されても瞬時に起き上がってくれます。

そして時速32kmで疾走可能。現在はリモート操作ですが、将来はプログラムやAIなどによって、自分の判断でフィールドを走り回ることができるようになるそうです。

動画はこちらから。
Tackle This: Football’s Newest MVP is a Robot – YouTube

タックルもそうですが、射撃も人間に向かってやるとマズいトレーニングの一つ。しかしやっぱり動いたほうがよいトレーニングになるので、ロボットが活躍しています。
海兵隊「動くロボット標的」を使ってライフル射撃技術の研究・実験を行う – DNA

もちろんこんな風にタックルなしにするのもアリかなと思いますが……。
新感覚な球技、スタンガンを持ってプレイする「アルチメット・タック・ボウル」 – DNA

関連記事

生身の人間に向かって実銃を撃つことができるトレーニングプログラムが開発 - DNA

サンドバッグに飽きた人向け、いくらでもスパーリングの相手をしてくれるボクシングロボ「Punching Pro」 - DNA

海兵隊「動くロボット標的」を使ってライフル射撃技術の研究・実験を行う - DNA

FPSゲームにしか見えないアメリカ陸軍の最新式シミュレーターの動画 - DNA

タイピングしながら運動不足とストレスを解消できるキーボードがすごい - DNA

敵のタックルを垂直方向に避けてタッチダウンを決めるすごいアメフトの動画 - DNA

新感覚な球技、スタンガンを持ってプレイする「アルチメット・タック・ボウル」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧