科学と技術

ロールス・ロイスを象徴するアノ部分にはある防犯対策が施されている


ロールス・ロイスのロールス・ロイスたる理由は究極のラグジュアリー感もさることながら、やはりボンネット先端に取り付けられたオーナメント「スピリット・オブ・エクスタシー(The spirit of Ecstasy)」の存在感。そのためイタズラや盗難から守るためにある仕掛けが施されています。

動画はこちらから。
Can You Steal The Spirit of Ecstasy? – YouTube

1. 危険を察知すると引っ込む仕組み。この防犯システムは2003年以降のモデルに導入されています。

スピリット・オブ・エクスタシー(The spirit of Ecstasy)は、英・ボーリューの領主モンターギュー卿が自分の愛車だった1910年製「ロールス・ロイス シルヴァーゴースト(Silver Ghost)」のボンネットに取り付けるため、友人の彫刻家チャールズ・ロビンソン・サイクスに依頼して製作させたものが起源。

その後、モンターギュー卿の友人でロールス・ロイス社の社長クロード・ジョンソンがスピリット・オブ・エクスタシー(The spirit of Ecstasy)をマスコットにすることに決め、1920年代には全てのロールス・ロイス社製自動車のボンネットに取り付けられています。

ちなみに、スピリット・オブ・エクスタシー(The spirit of Ecstasy)のモデルはモンターギュー卿と深い関係にあり秘書も務めていたエレノア・ヴェラスコ・ソーントンとされています。

2. スピリット・オブ・エクスタシー(The spirit of Ecstasy)のモデルとされるエレノア・ヴェラスコ・ソーントン

現在でもスピリット・オブ・エクスタシー(The spirit of Ecstasy)はこのように手作りで製作されています。
21st Century Legends – The Graceful Little Goddess – YouTube

またこちらの写真はクラッシクカーのオーナメントをまとめたもの。ボンネットに鎮座するオーナメントが独特の存在感を作りだしています。
クラシックカーに取り付けられているエンブレムやロゴなどの高級感あふれるオーナメントいろいろ

ソース:The graceful goddess

関連記事

乗り方すら分からない、フロントガラスが存在しない超高級車ロールス・ロイスのコンセプトカー「Rolls-Royce Apparition」 - DNA

技術の結晶、古今東西の素晴らしき機能美あふれるエンジンの写真いろいろ - DNA

超高級車・スーパーカーから大衆車まで古今東西の素敵な車のインテリア写真いろいろ - DNA

車の歴史を彩った名クラシックカーとその伝統を継承した現在の後継モデルを比較した写真いろいろ - DNA

使うのはレンチ2本のみ、数秒で頑丈な南京錠を破壊し無効化する方法 - DNA

カギのかかったスーツケースは誰でも簡単に開ける事が出来る - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧