世界のびっくりニュース

イギリス海軍には「軍艦専用紅茶ブレンド」が存在する


紅茶はイギリス人にとって命の水ともいえるもの。実に様々な種類のものが存在していますが、なんと軍艦で飲むのに最適なブレンドの紅茶まで存在しているのです。

そもそもなぜ軍艦には特別なブレンドが必要なのでしょうか。理由は使用する「水」にあります。軍艦で使用する水は、逆浸透膜法を使用して海水から作り出しているのですが、この時出来る水はミネラル分などが取り除かれたほぼ純粋なH2O、いわゆる「軟水」に近いものになります。対してイギリスの水道水はミネラル分が含まれた「硬水」。お茶を入れるのに使われる水がまったく違うため、地上の紅茶をそのまま持ち込んでも同じ味にはなりません。時には何ヶ月もの間家に帰ることの出来ない水兵たちにとって、家と同じように味わえる紅茶の存在はとても重要なものになります。

そこで、軍艦の真水製造機が生み出す水の性質に合わせてつくられたのがこちらのブレンド。

このブレンドはセイロン、アッサム、アフリカの3種をベースに作られています。セイロンが特に重要な要素で、アフリカは彩りに、アッサムはわずかなコクに貢献しているとのこと。ブレンドを行ったAllAboutTeaでは一般向けに販売も行っており、実際に試してみることもできます。

たかが飲み物一つに大げさな……という人もいるかもしれませんが、戦場の兵士たちにとって日常的な出来事は本当に大事なことのよう。こちらはカナダの兵士達が、基地で手に入るものでいかに美味しいコーヒーを入れるか解説している動画ですが、その研究熱心っぷりには関心します。
[字幕動画]最後までやたらハイテンションな「戦場でのコーヒーの入れ方」動画 – DNA

ソース:​Why the British Navy Needs Special Tea | Motherboard

関連記事

ヒゲを濡らさないのは紳士のたしなみ、19世紀末に流行した「口ひげガードつき紅茶カップ」 - DNA

紅茶に沈めて使うタイタニック型ティー・インフューザー「Teatanic」 - DNA

イギリス官邸街で乱闘騒ぎ……首相官邸と外務省の「ネズミ捕獲長」ネコのラリーとパーマストンがついに激突 - DNA

レーティング機関へのイヤガラセ映画「ペンキを乾かす(原題:Paint Drying)」がイギリスで無事「全年齢向け」レーティングを取得 - DNA

イギリス紳士のユーモアと反骨精神にあふれた「ゴルフのプレー中に爆撃が始まった際の暫定ルール」 - DNA

「女王様、私たちの結婚式においでください」冗談で手紙を出したらほんとにエリザベス女王がやってきた - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧