科学と技術

64台のフロッピーディスクドライブと8台のハードディスクから作られた壮絶な音楽再生デバイス「The Floppotron」の動画


フロッピーディスクドライブがパソコンに標準搭載されなくなってからはや数年、今やFDDは音楽再生機として第2の人生を歩みつつあるのですが、今回作られた「The Floppotron」その究極の姿を見せつけてくれます。


ポーランドの「SileNT」さんことPAWEŁ ZADROŻNIAKが作り出した「The Floppotron」は、フロッピーディスクやハードディスク、スキャナといった機器のモーターの回転音を自由自在にコントロールすることで、任意の音を再生するというデバイス。

FDDは8台で1音を再生し、FDDの台数を増減させることで音量を変化させるという物量に物をいわせた演奏も可能。他にもハードディスク8個、スキャナ2台が使われており、ハードディスクはヘッドが軸にあたる音をパーカッションとして使用しています。

「帝国のマーチ」を奏でる荘厳な動画はこちら。
The Floppotron – YouTube

他にもニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」や、ベンチャーズの「Hawaii Five-O」なども聞かせてくれます。
The Floppotron: Smells Like Nerd Spirit – YouTube

The Floppotron: Hawaii Five-O – YouTube

ソース:Return of the Floppies » Silent’s Homepage

関連記事

思い出にサヨナラするための最終兵器「手作り自動フロッピーディスク装填機」 - DNA

「カウボーイ・ビバップ」の名曲「Tank!」をフロッピーディスクドライブ8台で演奏する動画 - DNA

8台のFDDドライブで演奏する「ゴーストバスターズ」のテーマがすごい - DNA

容量たったの5メガバイト、でも運ぶのにフォークリフトが必要だったいにしえの記憶装置「IBM 350」 - DNA

古いハードウェアの音で去りゆくガジェットへの愛を歌うのミュージックビデオ「Polybius」 - DNA

アナログ全盛期、70年代はいったいどのようにして新聞を作っていたのか? - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧