世界のびっくりニュース

バイク界のロールスロイス「ブラフ・シューペリア SS100」いよいよリメイク版が生産開始


当時としては驚異的な「時速100マイル(時速約160km)」で走行可能である、ということから名付けられた20年代の名バイク、ブラウ・シューペリアSS100の「リメイク版」について以前お伝えしましたが、いよいよ生産が開始されるということです。

ブラウ・シューペリアSS100は1924年に登場したイギリスのバイク。顧客の要望に合わせてすべてのパーツがオーダーメイドされる贅沢さから「バイクのロールスロイス」と呼ばれており、その美しさによって現在でも高い人気を誇ります。

今回のリメイク版はデザインをBoxer Design社が、エンジンワークはAkira Technologies社が担当。元のイメージを大きく崩さず、かつ最新の技術を盛り込んだものに仕上がります。

左が元のドラムブレーキ。この雰囲気を残しつつ4ディスクブレーキに変更。

その他細部のデザインについては、以前こちらでお知らせしたものから大きな変更はないようです。
世界でもっとも美しいバイク「ブラフ・シューペリア SS100」が超現代的なスタイリングで復活 – DNA

ブラウ・シューペリアSS100は人気が高く、過去には数千万円で取引されたことも。今回は「新車」が5万ユーロ(約570万円)で手に入るわけで、考えようによってはものすごくお買い得ではないでしょうか。
世界のオークションで最も高く売れた歴史的なバイクトップ20 – DNA

ソース:Brough Superior SS100 Finally Begins Production

関連記事

世界でもっとも美しいバイク「ブラフ・シューペリア SS100」が超現代的なスタイリングで復活 - DNA

世界でもっとも美しいバイク「ブラフ・シューペリア SS100」が超現代的なスタイリングで復活 - DNA

[字幕動画]若い頃に手放したバイクとネットオークションで感動の再会を果たしたとある男性のお話 - DNA

BMWモトラッド、伝説の「R90S」をモチーフにしたネオ・クラシックなコンセプトバイク「Concept Ninety」をビンテージカーイベントに出展 - DNA

50年代のビンテージパーツを使用、美しく洗練されたフォルムを持つイタリア製電動自転車 - DNA

世界で最大、2千ccの単気筒エンジンを持つバイク「NSU BISON 2000」 - DNA

超攻撃的な流線型フォルム、ロータス社初のスーパーバイク「C-01」が公開 - DNA

100年以上前に製造されていたビンテージ・バイクいろいろ - DNA

インドの街並みを美しく描いたバイクメーカー「Royal Enfield」のCM動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧