世界のびっくりニュース

鏡に映すとなぜか四角が円に……錯視映像コンテストの準優勝作品で脳がパニック


2016年のベスト・イリュージョン・オブ・ザ・イヤー・コンテスト(Best Illusion of the Year Contest)で準優勝を獲得した明治大学・大学院の杉原厚吉教授による錯視映像作品「Ambiguous Cylinder Illusion」。全く違うと思っていた四角と円、どうやら境界は意外と曖昧だったようです。

動画はこちらから。
Ambiguous Cylinder Illusion – YouTube

こちらは3Dプリントした模型を使っての解説動画。仕組は意外とシンプルで波型をした筒と角度が肝のようです。仕組みは何となく理解出来ましたがやっぱり不思議……
Ambiguous Cylinder Illusion // How it Works – YouTube

ちなみに2015年のイリュージョン・オブ・ザ・イヤーでも杉原教授の錯視映像作品は準優勝を獲得しています。こちらのその作品「変身するガレージ屋根」。仕組みは鏡に映すと姿が変わる「変身立体」を応用しているとのこと。これまた頭を刺激しまくる作品です。
Ambiguous Garage Roof – YouTube

またこちらの一見普通に感じる逆さになった女性の写真も実は錯視を利用したもの。写真を180度回転してみると納得出来ます。
何がおかしいの?サッチャー錯視を利用した女性の顔写真いろいろ

関連記事

いつまでも見ていられそうな「錯視」GIF動画いろいろ - DNA

食器の周りの空間が重力で歪んで見える不思議なランチョンマット「Trick Mat」 - DNA

逆さにした人の顔を接写撮影するとエイリアンっぽくなる - DNA

才能や訓練は全く必要なし、誰でも簡単に「超立体的な手の絵」を描く方法 - DNA

「ムーミン」のトーベ・ヤンソンが描く「不思議の国のアリス」のビンテージ・イラスト14枚 - DNA

鬼才サルバドール・ダリが描いたほんとに不思議な「不思議の国のアリス」のイラスト13枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧