アートとデザイン

火星は君を必要としている、NASA謹製の火星探査求人ポスター「Mars Explorers Wanted Posters」


そんなに遠くない将来実現されるかもしれない火星への移住。そこでまず必要となるは火星で生活出来る環境を構築できる人々、ということでNASAが製作した火星探査の求人ポスター・シリーズがこちらの「Mars Explorers Wanted Posters」です。

1. 火星探検家

2. 火星夜勤
火星の衛星「フォボス」で夜勤の様子

3. 火星農家

4. 火星測量士

5. 火星教師

6. 火星技術者

7. 組み立て式

8. WE NEED YOU
アメリカの求人と言えばやっぱりこのイメージですね

これらの火星探索の求人ポスターは、米・フロリダ州のケネディ宇宙センターにある観光客向けの施設「ビジターコンプレックス」でNASAの火星探査の一部として2009年に公開されていた作品です。

これまでにもNASAによる未来を想像したポスターは数多く公開されており、古くは1970年代に構想していたスペースコロニーの想像図、最近ではいつか実現するかも知れない宇宙旅行のポスターなどがあります。

超高画質ポスター(4500 X 7200)は以下の公式サイトよりダウンロードできます。フォーマットはjpgとtiff。
Mars Explorers Wanted Posters

ところで実際の火星はどんな風景なのか……こちらは無人探査機が測量した数値データから再現された火星の景色です。近い未来ここに人類が住むことになるのでしょうか。
火星の荒々しい風景を探査衛星の測量データから再現したHDR画像42枚

ソース:Mars Explorers Wanted Posters

関連記事

火星への有人探査が一歩前進、NASAの次世代有人宇宙船「オリオン」の試験機打上の写真と映像 - DNA

地球から火星までの距離をブラウザ上で実感できる「How Far is it to Mars?」 - DNA

最果てからの旅日記、火星探索車両の3年間の軌跡を振り返るタイムラプス動画 - DNA

衝撃!地球に火星人の住む村が存在した - DNA

NASAが映画「ゼロ・グラビティ」をなぞって宇宙で撮影した写真を集めたシリーズ「Gravity」を大公開 - DNA

あまりにも宇宙に長くいすぎるとこうなってしまう……というNASAの動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧