世界のびっくりニュース

日本で建造された最大の客船「AIDAprima(アイーダ・プリマ)」 着手からお披露目までの3年間を記録した超高画質タイムラプス映像


2013年6月に三菱重工・長崎造船所で建造が開始された大型クルーズ客船「AIDAprima(アイーダ・プリマ)」の全建造行程の様子から、2016年5月にドイツ・ハンブルク港で行われた命名式までの約3年間を8分でまとめた超高画質タイムラプス映像です。

「AIDAprima(アイーダ・プリマ)」は、三菱重工・長崎造船所が建造したドイツのアイーダ・クルーズ社が所有する大型クルーズ客船。日本で建造された最大の客船であり総トン数:12万5000トン、全長:300m、船幅:37.6m、総客室数:1643室。

2013年6月30日に三菱重工・長崎造船所で建造が始まり、2016年3月14日にアイーダ・クルーズ社へ引き渡され造船所を出港しています(当初の引き渡し予定は2015年3月だったのですが度重なる火災や仕様変更などにより約1年ほど納期が遅れています)。その後、2016年5月7日にドイツ・ハンブルグで開催された「ハンブルク開港祭」で命名式が行われお披露目されています。

動画はこちらから。最大化して4K画質がおすすめです。
AIDAprima Cruise Ship Construction & Christening in 4K, May 2016 by MKtimelapse – YouTube

2016年5月7日、ドイツの港湾都市ハンブルクで毎年開催されている「ハンブルク開港祭」でのお披露目の様子。それにしてもド派手な命名式ですね。

ちなみに「AIDAprima(アイーダ・プリマ)」の現在位置はここ。

「AIDAprima(アイーダ・プリマ)」は超巨大なクルーズ船ですが世界にはさらに巨大なクルーズ船も存在しています(現在のところ34番目に大きいクルーズ船)。こうなるともうほぼ動く街ですね。
まさに海に浮かぶ街と呼ぶべき世界で最も巨大なクルーズ客船11選

ソース:三菱重工|アイーダ・クルーズ向け大型クルーズ客船の建造に着手
三菱重工|次世代クルーズ客船「AIDAprima」を引渡し

関連記事

巨大な船体が真っ二つに……大型クルーズ船をさらに大型化する拡張&オーバーホール作業のタイムラプス映像が凄い - DNA

世界最大のコンテナ船が完成するまでのタイムラプス動画「Building the World’s Largest Ship」 - DNA

巨大船の進水式の撮影には注意が必要だということがよく分かる動画 - DNA

巨大貨物船が超絶技術で狭い港に接岸する一部始終を真上から撮影したタイムラプス映像 - DNA

大規模に水が干上がり、数多くの座礁船が湖底に放置されているアラル海の写真20枚 - DNA

コンテナ満載の貨物船はなぜ嵐の中でも荷物を落とさないのか? - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧