世界のびっくりニュース

1910年パリ大洪水と現在のパリの市街地を全く同じ場所から撮影した写真で比較


フランス・パリの中心部を流れるセーヌ河の水位を8.6mも上昇させた1910年のパリ大洪水は、約2ヶ月間にも渡ってパリの街を沈めてしまった大規模な災害でした。そして先日(2016年6月)も大雨による影響によりセーヌ川の最高水位が約6m上昇し過去30年で最も危険な状態となっています。

アルコル橋

1. 1910年のアルコル橋

2. 現在のアルコル橋

アレクサンドル3世橋

3. 1910年のアレクサンドル3世橋

4. 現在のアレクサンドル3世橋

5. 1910年のアレクサンドル3世橋

6. 現在のアレクサンドル3世橋

シュリー橋

7. 1910年のシュリー橋

8. 現在のシュリー橋

サン・ミシェル橋

9. 1910年のサン・ミシェル橋

10. 現在のサン・ミシェル橋

11. 1910年のサン・ミシェル橋

12. 現在のサン・ミシェル橋

これらの写真はフランスのアートディレクター Julien Knez(golem13)氏の作品です。歴史的な大災害を引き起こした1910年のパリ大洪水の凄さがよくわかりますね。

そして1910年に撮影された写真を現在のパリに重ねるとこんな感じになります。

13. アルコル橋

14. ケ・デ・グラン=オーギュスタン通り(パリ6区、セーヌ川南岸)

15. オデオン駅(1910年1月開業)

16. セーヌ通り

17. サン・ラザール駅(1837年8月開業)

18. ノートルダム大聖堂

100年以上昔の街の風景がほぼ変わらず残るパリにも驚かされてしまいます。

またこちらは雨のパリを撮影したタイムラプス映像。陰鬱なパリにも独特の魅力があります。
陰鬱に雨の降る冬のパリを撮影したタイムラプス動画「Paris When it Drizzles」

ソース:Paris : la crue de 1910 rencontre celle de juin 2016 : golem13

関連記事

フランス・パリの地下深く600万人が眠る世界最大の地下墓地「カタコンブ・ド・パリ」 - DNA

第二次世界大戦前夜、1939年7月に撮影されたパリの貴重なカラー写真いろいろ - DNA

80年前に廃線となりそのまま放置されているパリ環状鉄道の廃墟写真シリーズ「By the silent line」 - DNA

めったに見ることがない「パリの屋根」を撮影した写真シリーズ「Paris Roof Tops」 - DNA

世界で最も乾燥したアタカマ砂漠に大量の雨が降ると想像を超えた絶景が現れる - DNA

あえて洪水の中を突き進むランボルギーニが凄い - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧