世界のびっくりニュース

一流の舌や喉の動きは異次元、歌唱中のオペラ歌手をMRIスキャンした映像が凄い


オペラ歌手はどのようにして美しく迫力のある声を作り出しているのか。その仕組みを探るべく歌っている時のオペラ歌手の舌や喉を撮影したのがこちらの映像です。自由自在に大きく形を変え動き回っている舌や喉は未知の生物のようです。

動画はこちらから。
Gruseliges Video: MRT-Aufnahmen von Michael Volle bei „Lied an den Abendstern“ – YouTube

この映像はドイツのオペラ歌手 ミヒャエル・ヴォッレ(Michael Volle)氏を撮影したもの。曲はバイエルン放送交響楽団演奏による19世紀ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーが作曲したオペラ「タンホイザー」の第三幕で歌われるバリトンのアリア「夕星の歌」です。

またMRIは超強力な磁力が発生するのため間違って金属製のものを近づけてしまうととんでもないことになってしまいます。気をつけて!
MRIスキャナ室に金属で出来たものを絶対に持ち込んではいけないことがよく分かる実験動画

関連記事

オペラ歌手がヘリウムガスを吸って歌うアリアはこんな感じ - DNA

荘厳な空間が広がる世界のオペラハウスの内部写真シリーズ「Opera」 - DNA

いつかはここで生演奏を聞いてみたい世界の非常に美しいコンサート・ホール25選 - DNA

神秘の構造、いつも食べている身近な野菜や果物をMRIで撮影したらこうなる - DNA

[閲覧注意]どうにも信じられないことになっている人間のX線写真20選 - DNA

見事にセキ止め薬が必要なことを表現している広告 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧