アートとデザイン

美しい旧市街に大自然、ポーランドの魅力がギュッと詰まった超美麗な4K映像「Holiday in Poland」


いつの日かじっくりとポーランドを旅行してみたくなる、そんな素敵な映像が「Holiday in Poland」。世界遺産にも登録されている旧市街を有するワルシャワやクラクフ、古都ブロツワブ、バルト海の港湾都市グダニスクやグディニャなどの美しい都市の街並み、さらにはどこまで広がっている大自然などポーランドの魅力的な観光スポットのトップ30が4K解像度で空撮されています。

動画はこちらから。最大化して4k(2160p)画質で見ることをおすすめします。
Holiday in Poland | 4K – YouTube

1. ヴィスワ(Wisła)

2. グディニャ(Gdynia)

3. スウォショバ(sutoszowa)

4. コニン(Konin)

5. カリシュ(Kalisz)

6. グダニスク(Gdańsk)

7. クラクフ(Kraków)

8. ヴロツワフ(Wrocław)

9. ワルシャワ(Warszawa)

「Holiday in Poland」は、ポーランドの映像会社 Ujecia lotnicze が製作した作品。東西はドイツからロシア・ベラルーシ、南北はバルト海からチェコと国境を接するタトラ山脈までポーランドを縦横無尽に駆けまわって撮影されています。

ちなみにポーランドを含む東欧の魅力は街や自然だけではなく、そこに住む人々も非常に魅力があります。こちらの写真は伝統的な民族衣装に身を包んだ美しい東欧・スラブ人女性たちを撮影したもの。やはり東欧は一度は行くべき場所ではないでしょうか……
伝統的な民族衣装に身を包んだ美しい東欧・スラブ人女性たちの写真いろいろ

関連記事

中世の鎧を着て全力でドツキ合うポーランドの剣術大会が楽しそう過ぎる - DNA

独特のレトロ感と魅力的なデザイン、東欧・ポーランド製のビンテージ石鹸包装紙10枚 - DNA

HDR撮影されたポーランドの教会の動画がどう見てもファンタジーRPGの1場面にしか見えない - DNA

ほぼ境界がわからないヨーロッパの国境を撮影した写真シリーズ「Borderline, Frontiers of Peace」 - DNA

ブルガリアの首都ソフィア名物、「よっこらしょ」とかがまないとものが買えない地下室のお店「klek shop」 - DNA

恐怖心を煽られるヨーロッパ旧共産圏の廃墟と化したソ連感満点の建築物の写真集「Soviet Ghosts」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧