世界のびっくりニュース

大富豪の子ども達がSNSにアップする写真が「隠し財産」を狙う税務署の標的になっている


ありとあらゆる手段で財産を隠し持っている大富豪たち。彼らの多くは「ネット世代」よりも年上なのですが、彼らの子どもや孫達は現役のSNS世代ということで、日々贅沢三昧の写真をアップロードしています。この写真が税務署や調査会社などの標的になっているそうです。

近年、隠し財産の情報源におけるSNSの割合は非常に大きくなっているとのこと。大富豪達は様々な手段を使って、書類上は財産を消すことに成功はしているものの、その子ども達がSNSに色々な写真を掲載してしまうのでそこからアシがつくケースが多いそうです。

例えばこちらはプライベートジェットとスーパーカーが一緒に写っています。もしこれらの書類上の所有者が別人だったり、すでに無くなったことになっていたとしたら……税務署が黙ってはいませんよね。

「破産した(BROKE)」と札束で書き、コネチカット州の裁判所に釈明を求められたラッパーの50cent。

50 Centさん(@50cent)が投稿した写真

この船が今どこにあって、持ち主が誰で……ということを調べていくと、この人達の素性やカネの流れがわかるという仕組み。こうした写真から離婚調停で隠し財産のありかを暴かれるケースもあるとのこと。ちなみにinstagramアカウント「RichKidsofinstagram」は、こうした大富豪のドラ息子・娘達の写真を集めてきては公開しています。

所得隠しがバレるというのは自業自得の感じもしますが、こうしてリッチであることを匂わせていると誘拐や詐欺などの犯罪のターゲットになりやすくなります。特別な金持ちの人はSNSの使い方も特別に考えなければならないようです。

ソース:Yachts, jets and stacks of cash: super-rich discover risks of Instagram snaps | Technology | The Guardian

関連記事

メキシコ最大の麻薬カルテルのドンの息子たちがSNSに投稿した非日常的な写真いろいろ - DNA

世界初、仮想通貨「Bitcoin」の無人交換端末「Robocoin」が登場 - DNA

背任、独占、殺人などで最も嫌われている10の企業 - DNA

多国籍企業の超複雑な支配関係がよくわかるインタラクティブなマップ - DNA

世界の富は誰のもの?経済の中枢部にいる「核」の存在を確認 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧